自動的に話題が見つかり会話が続くようになる方法

いくら考えても話題やネタが見つからない。 いつも会話が途切れて、広がらなくて、会話が続かない会話が苦手なあなたへ。 話し方が上手になる奥義を教えます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

5時間以上会話を続ける秘訣

こんにちは、
会話コンサルタントの木多崇将です。

今日はすごく役立つノウハウを
1つ紹介したいと思います。

私自身、このノウハウを試したとき

「これはすごい!」

と膝を打ちました。

しかしながら、
実際にやってみるまでは
半信半疑というか、
あまり気乗りしませんでした。

「そこまで効力あるのかな~」

という感じでした。

しかし、やってみるとこれがすごい。

誰とでも、簡単に会話が続くし、
盛り上がるのです。

正確に言うと、

【会話を続けようと思わなくても続くし
会話を盛り上げようと思わなくても
勝手に盛り上がる】


のです。

さらに、このノウハウを使うと、

【自分も相手も楽しくなって、
親密度が増すというメリット】


まであります。

はっきり言って、
このノウハウを知らないと
かなり人生を損しますので
絶対に聞いておいて欲しいと思います。

・・・・・・・

さて、そのノウハウを
ズバリ言う前にあなたに質問があります。

例えば、
あなたが恋人と温泉旅行へ行くとします。

その温泉までは
電車で5時間かかるとします。

あなたは5時間会話を
持たせないといけません。

あなたは車内でどんな会話をしますか?

5時間もの長時間、
どうやって会話を続け、盛り上げますか?

・・・・・・・・

どうですか?

はっきり言って

「5時間会話を続けるのはしんどいな~」

と思ったのではないでしょうか?

私のメルマガを読んでいるのは
会話を苦手としている人が
大半だと思います。

そういう人には特に
5時間もの長時間会話を
続けるのは難しいと感じると思います。

それは私も同じです。

今ではかなり会話が得意に
なりましたが、それでも5時間
会話を続けるのはかなり困難です。

しかし!

私は冒頭に言った
ノウハウを知っているから困りません。

「長時間、会話をするときには
これを使えば、勝手に
会話が盛り上がってしまう!」

という秘策を知っているから
問題がないのです。

そのノウハウとは一体何か?

もちろん、あなたは
そのノウハウを知りたいですよね?

それは

・・・・・・

・・・・・・


【ゲームをする】


です。

何でもかまいません。

二人で何らしかの
ゲームをやればいいのです。

例えば、さきほど質問した
温泉旅行の車内であれば
スマホで「オセロ」のアプリを
ダウンロードして恋人と
やってみるといいかもしれません。

「今時、オセロかよ!」

と思うかもしれません。

しかし、ゲームとは不思議なもので
やり始めれば意外と楽しくなって
しまうのです。

しかも、
対戦でゲームをしていれば

「お~そこに打ってくるか~」

とか

「よし、角取った!」

「うわ~、角取られた!」

とか、”自然”に言葉が出てきます。

そう、何を話そうとか考えなくても


【勝手に言葉が出てきます。】


そして
会話は盛り上がるし、楽しくなるし、
5時間なんて意外とすぐに
過ぎてしまうのです。

このように、何らしかのゲームを
やりさえすれば、長時間の会話は
なんら苦ではなくなってしまうのです。

ゲームは対戦形式で
一緒にやるものであれば
何でもかまいません。

例えば、しりとりでもいいし、
古今東西でもいいし、
あっち向いてホイでもいいし、
なんだったらオリジナルで
面白いゲームを作ってやってもいいです。

子供が熱中するように、
大人でも熱中するように
ゲームという物には人間を夢中にさせる
不思議な力があります。

その力をうまく利用するのです。

(子供達がすぐに仲良くなれるのは
すぐにゲームをするからだと思います)

そうすれば、長時間会話を続かせられるし
楽しい会話がでるし、
親密度も増すことができるのです。

しかし、このゲームをするという
ノウハウを使っている人は少ないと
思います。

特に、大人になると
ゲームをしなくなる傾向に
あると思います。

例えば、合コン。

大抵の合コンはただただ、
集まって適当に話すだけ。

そして、そんな合コンに
参加した人たちが口をそろえて言うのは

「合コンはつまらない」

「合コンに参加したって恋人はできない」

です。

もし、合コンでトランプの「大富豪」
なんかやってみたらどうなるでしょうか?

「大富豪」の面白さを知っている人は

「うわ~。やりて~」

と思うと思います。

そして、おそらくすごく
面白い合コンになると思います。

私は合コンで「大富豪」
はやったことないですが
バーベキューの時に「大富豪」をやって
すごく盛り上がった経験があります。

その時は、バーベキューで
出会った男女でいきなり
「大富豪」をやりました。

当然、みんな初対面です。

しかし、30分後くらいには

「くそー。負けた!」

「いえーい。勝ったー!」

とかみんな子供に帰ったみたいに
はしゃいでいました。

一体感が生まれて、
すごく仲がよい雰囲気に
なっていました。

本当に
ゲームにはすごいパワーがあります。

しかしながら、あなたは今

「ふーん・・・そういうものか・・・」

と、無表情のまま
何の感動も覚えていないと思います。

冒頭に言いましたが
私も試してみるまで、

「え~?ゲーム?」

と思っていました。

なので、気持ちはわかりますが、
騙されているかもと思いながら
一回だけでいいので、
やってみてください。

あまりの効果にびっくりしますよ。

「長時間会話が続くか困ったら?」

「ゲームをすればいい」

とりあえず覚えておいてください。

それでは、また。

--------------------------------------------------

●発行責任者:木多崇将
●問い合わせ:kita0770@gmail.com
スポンサーサイト

| 会話術 | 13:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

否定にならず自己主張ができるようになる方法

こんにちは、
会話コンサルタントの木多崇将です。

あなたは「共感」と「自己主張」
のバランスで悩んでいませんか?


例えば、共感を意識すると、
共感一辺倒になって、
自分の意見が言えなくなってしまう。

しかし、それじゃあ、ダメだと思って、
自分の意見を言おうとするけど、
相手を否定してしまうんじゃないかと
思って言えない。

それでも、やっぱり自己主張も
必要だと思って思い切って言ってみたけど、
やっぱり否定した感じになって、
険悪な感じになってしまった。

要するに、

「自分の意見を言うことと、相手の話に
共感することが相反することだと思うけど、
一体どうやって両方をバランス良く
できるようになるのだろうか?」


こういう感じの悩みを
抱えている人は意外と多いと思います。

今日は、この悩みを解決する話を
していきますので、当てはまると感じている
あなたはしっかりと聞いてください。

今日の話を聞き終わったら、
相手にしっかりと共感をしつつ、
しっかりと自己主張もできる方法を
理解できるはずです。


・・・・

では、詳しく話をしていきますが、
まず、共感と自己主張のバランスが
取れない人はどのようなパターンで
うまく行っていないのか?

典型的なパターンを紹介すると
まず、共感が大事だと言うことを
どこかから聞いたので会話では
とにかく共感することを強く意識します。

ただ、共感を意識しすぎると、
相手の話に「うんうん」とか
「そうだよね~」とか相槌を打つだけ。

ただ、相手の話を聞くだけになってしまって、
自分の話などができなくなってしまいます。

また、困るのは、例えば、

「私洋楽好きなんだよね~」

などと言われて、自分が洋楽が
好きではなく、共感できない時。

この時に、

「私はあまり洋楽は好きじゃないな~」

と言ってしまうと、相手を
否定したようになってしまうと感じる。

だから、この時に

「私も洋楽けっこう好き」

とウソをついてみたり、

「洋楽はあまりよくわからない」

とごまかしたりしてしまう。

しかし、それは自分にウソをついているので
フラストレーションがたまってしまいます。

それで、次に、
このような共感ばかりを意識して、
自己主張が出来なくなっている人は
何を考えるか?

それは

「やっぱり共感ばっかりだったらダメだ!
自分の意思がない人間だと思われる。
これからはちゃんと自分の意見を
言っていこう!」

です。

そして、例えば、

「私は洋楽好き」

と相手が言ったときに、

「そうなんだ~。
私は邦楽が好きなんだな~」

と言ってしまうようになるのです。

しかし、これは最悪の会話パターンです。

このパターンで自己主張をすると、相手は

「否定された!」

と感じて、あなたのことを
嫌いになりますので、
絶対にしてはいけないのです。

しかし、これを言うと当然、

「え~。じゃあ、どうすればいいんですか?
自己主張するなって話ですか?」

という意見がでると思います。

もちろん、自己主張をするなと
いうわけではありません。

最初に言った通り、共感もしつつ、
自己主張もできる方法がちゃんと
ありますので、あなたにシェアします。

その方法は、とても簡単です。


【自己主張は自分から話し始めてすること】


です。

この法則だけ守ってもらえたら
共感と自己主張のバランスが
取れるようになります。

例えば、「私は洋楽が好き」
と言われたときに、「私は邦楽が好き」
と言ってしまうと否定になります。

しかし、あなたが自分から話し始めて、

「私は邦楽が好きなんだ」

と言ったとしたら?

これは相手を
否定することにはならないですよね?

そして、
しっかりと自己主張ができますよね?

これなんです。

多くの会話下手な人は、
そもそも自分から話し始めることが
ほとんどありません。

そういう人が自己主張をしようとすると、
相手の話に対して、
自己主張をしてしまいます。

しかし、これは絶対に
やってはいけないパターンです。

自分の意見を言うときは、
自分から話をし始めないといけないのです。

極端に言えば、少々唐突になったとしても、

「私はピンク色が好きなんだ~。
見ているだけでホワァ~となって
幸せな気分になるの」

みたいに言わないといけないのです。

こういう風に言えば、相手は

「あ、この子はピンクが好きなんだな」

と理解してくれるようになるのです。

しかし、多くの会話下手な人は、

「自分の話が苦手・・・」と

思い込んでいる人が多いから、
自分から話をすることがありません。

だから、基本的に相手の話に対して、
自分の意見を言おうとする。

「俺、黒が好きなんだ」

と言われたときに、

「自分の意見も言わなき!」と思い、

「私はピンクが好きなんだ」

と言ってしまって、相手に

「否定された!コイツ嫌い!」

と思われてしまっているのです。

本人は否定ではなく、
自分の意見を言っているつもりなのにです。

わかりますか?

かなり盲点となって気づきにくい部分
なのですが、ここに気づかずに
ミスコミュニケーションをしている人が
多いので気をつけて欲しいです。

少しだけ余談をします。

コミュニケーションの基礎の基礎なのですが
相手が何かを言ったときは話を
聞かなければいけません。

例えば、相手が

「北海道旅行へ行ってきたの」

と言ったら、

「北海道のどこへ行ってきたの?」

と相手の話を
引き出すように答えるのが基本です。

「北海道旅行へ行ってきたの」

「私はハワイ旅行へ行ってきたの」

みたいに自分の意見を
言ってはいけないのです。

余談が長くなりそうなので、
ここまでにしますが
要するに、否定にならず、
自己主張ができるようになる方法は


【自分から話し始めて自己主張をすること】


です。

「からあげが好きだ」

「AKBは嫌いだな」

「パリに行きたいな~」

なんでもいいので、
自分から話し始めてください。

これをしつつ、共感することも意識をすれば
バランスが取れるようになるはずです。


PS

今日の話でもう一つ気づいて欲しいのですが

「私は自分の話が苦手・・・」

このようなアイデンティティー
(自分が自分をどう思っているか?)
を持っていては絶対に会話上手には
なれないことに気づいてください。

「私は自分の話が苦手・・・」

今日の話のように、
これが壁となって会話上手に
なれない人が本当に多いと思いますから。

--------------------------------------------------

●発行責任者:木多崇将
●問い合わせ:kita0770@gmail.com

| 会話術 | 15:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大人数の会話が得意な人と苦手な人の違いとは?

こんにちは、
会話コンサルタントの木多崇将です。

60日間無料で聞くことのできる
デイリーパラダイムシフトが、かなり
好評です。

デイリーパラダイムシフトとは、
簡単に言えば、


【物事の見方(視点)を変えましょう】


という音声セミナーです。

長年のコンサルタントの経験を経て、
多くの人が変われないのは
会話に関して、人間関係に関して間違った
解釈をしているからだとわかりました。

例えば、

「醜いアヒルの子」

の話と同じように、自分は美しい白鳥なのに、
自分は醜いアヒルだと解釈しているような
例がたくさんあるのです。

1つや2つではないのです。

少なめに見積もっても数百以上あるのです。

それだけたくさんの間違った物事の見方を
していたら会話で、人間関係がうまくいく
はずがないですよね?

逆に、それら間違った物事の見方を1つ1つ
正していけば、会話も、人間関係も少しずつ
うまく行くようになると思いませんか?

いくら言葉で説明しても限界があるので、
とりあえず聞いてみてください。

以下の音声は

「飲み会など大人数での会話が苦手」

と言う人の常識を
ぶち壊す内容になっていると思います。

「あなたがなぜ大人数で
の会話にうまく参加できないのか?」

「どうすれば大人数での
会話に参加できるようになるのか?」


がはっきりとわかると思います。

http://www.1attractive.com/daily_paradigm_shift/shake_topic.mp3


音声を聞いて参考になったと思ったら
以下のフォームより正式に登録してください。

60日間は無料で聞くことが可能です。

「デイリーパラダイムシフト
無料登録フォーム」

→ http://www.1attractive.com/biz/indexzzo.htm

| 会話術 | 13:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上手にいじられる具体的な会話例

こんにちは、
会話コンサルタントの木多崇将です。

今日は少し具体的な
会話のテクニックの話を
しようと思います。

上手ないじられ方の話です。

人からいじられない。

また、
いつも当たり障りのない会話になったり
会話の盛り上げに欠けると感じている人
は必見です。

・・・・・・・

例えば、相手に

「木多さんって優しそうですね」

と褒められた。

当たり障りのない会話しかできない人は

「そんなことないですよ」

と謙遜します。

しかし、いじられるためには、基本、


【逆を行く】


のです。

「そうね。俺、
大阪一優しい男だからね(笑)」

謙遜の逆、
自分で自分を持ち上げるのです。

そうすると、大抵というか
相手がコミュニケーションがうまい人の
場合

「それは言い過ぎだから(笑)」

ツッコミがきますので、

「いや、マジだから(笑)」

なんて言ってさらに笑いを誘います。

これで簡単にいじれることができます。

もし、相手が、コミュニケーションの
下手な人や冗談が通じない人で
真に受けている場合は

「いや、つっこんでや(笑)」

「間に受けないでよ。
変な感じになるやん」

なんて言ってフォローを入れる。

そうすればリスクを
軽減することができます。

基本的にはこれだけ。

このようなパターンの会話をすれば
上手にいじられる会話が
できるようになります。

そして、誰とでも
楽しい会話ができるようになります。

それほど難しくないと思いませんか?

当たり障りのない返答の
みんながやっている返答の
逆を行けばいいだけです。

で、失敗した場合は
フォローを入れればいいだけです。

・・・・・

もう少し具体例を出しましょうか。

例えば、

「●●さん、いい人そうですね~」

と言われたら、多くの人は

「そんなことないですよ~」

謙遜します。

そうではなく

「うん、めちゃくちゃいい人やで(笑)」

と謙遜の逆を行く。

そうしたら大抵

「自分で言ったら
意味ないじゃん(笑)」

とかつっこみが来て、いじられ完了。

もし、相手が

「え?(何この人)」

みたいに引いていたら

「いや、つっこんでよ。
本気で言ってるみたいじゃん(笑)」

フォローでリスク軽減。

簡単ですよね?

例えば、

「●●さん、真面目そうですね~」

と褒め言葉か
どうか微妙なことを言われた。

多くの人は

「そうですか~?」

みたいに言葉をにごします。

じゃなく、
もっと自分を持ち上げるのです。

「そーそー、俺、日本一真面目だよ。
ウソついたことなんて一度もないからね」

そうすれば、

「それは言い過ぎ(笑)」

といじられます。

もし、相手が冗談だと
理解していなければ

「いや、冗談だから(笑)」

でフォロー。

あなたも出来そうじゃないですか?

普段、あなたが言っていることの
逆のことを言うだけです。

ぜひ、会話で使ってみてください。

上手にいじられることができて
フランクな会話ができるようになります。

それでは、また。

--------------------------------------------------

●発行責任者:木多崇将
●問い合わせ:kita0770@gmail.com

| 会話術 | 14:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私は軽いノリで話すことができません・・・

こんにちは、会話コンサルタントの木多崇将です。

今日は以下の質問に答えていきたいと思います。




今回、もう一つだけ現在の悩みを相談させてください。

私は哲学、歴史、宗教といったヘビーな話題を好みます。

相手が冗談っぽく話しているときでも、
分析的に話をどんどん深めていきたがる傾向があります。

もちろん相手は嫌がります。

また相手の発言について、
深く考え込んでしまい、反応が遅れてしまいます。

軽いノリで、深く考えずにぽんぽん話すということが
どうしてもできませんが、どうしたものでしょうか?




あなたはどう感じましたか?

おそらく私のメールの読者の人は
軽いノリで話すことを苦手としている人が多いので

「うんうん、私も軽いノリで話ができない!」

と、うなずきながら読んだ人が多いのではないでしょうか?

ちなみにですが、
私もこの質問者の方と同様にヘビーな話が好きです。

歴史や宗教の話はしませんが、哲学的な話は好きな方です。

私もできるならそういう話だけをしていたいと思うので、
この方の気持ちはすごくよくわかります。

しかし、この方へするアドバイスとしては、
これはもうとても単純で


【哲学的な話もするし、軽いノリで話もできるバランスの良い人】


になればいいのではないでしょうか?

なぜなら、そういうバランスが取れた人の方が魅力的だと思うからです。

あなたも逆の立場で考えてみてください。

軽いノリだけでしか話せないような人は、
「チャラチャラしたバカ」だと思いませんか?

哲学的な話しかできない人は
「とっつきにく堅物」と思いませんか?

基本的に軽いノリだけど、
たまに哲学的な「なるほど!すごい頭いい!」と
思うような話をする人が一番魅力的じゃないですか?

だから、「俺は哲学的な話がしたいからそれ以外はしない」
と頑なにならずに、バランス良くやればいいのではないでしょうか?

おちゃらけるモードと真面目な話をするモードを
使い分ければいいだけです。

とても簡単な話じゃないでしょうか?

・・・・・・・・・

ただ、この方の考え方は非常に興味深いことで、
私たちはこの方のように

「正解は黒。白は間違い」

というように、極論で考えがちというか、
答えを1つに決めたがる傾向があります。

不安定だと気持ちが悪いからです。

しかし、世の中の多くのことは、

「正解は黒でもなく、白でもなく、中間のグレー」

であるということが少なくありません。

むしろ、中間のバランスが取れたところに
正解がある場合が大半だと思います。

例えば、「結婚は良い」「結婚は悪い」を決めるのは
結局、その夫婦の関係性で決まるといった具合に。

なので、あなたも何かしらの問題にぶつかり、
答えを求めているとき

「自分はどちらかに偏った極論を求めていないか?」

「結局、バランスを取った
真ん中当たりに正解があるんじゃないか?」

という考えを持つようにしてみてください。

何か違う物が見えてくるかもしれませんよ。

それでは、また。

| 会話術 | 15:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。