自動的に話題が見つかり会話が続くようになる方法

いくら考えても話題やネタが見つからない。 いつも会話が途切れて、広がらなくて、会話が続かない会話が苦手なあなたへ。 話し方が上手になる奥義を教えます。

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ユーモアセンスを身につける方法

こんにちは、
会話コンサルタントの木多崇将です。

今日は以下の質問にお答えしたいと
思います。

「私はユーモアや発想に欠けているの
ですがどうにかならないでしょうか?」

過去の私もこの方と
同じ事で悩んでいました。

いつも平凡な事しか言えない。

もっとユーモアセンスや発想力があったら
会話上手になれるのになと思っていました。

あなたもユーモアセンスや
発想力を身につけたいですか?

誰もが思いつかないようなユーモアある話を
瞬間的に出せたり、頭がいいと思われる
発想力を身につけたいですか?

瞬間的にユーモア
あることを言えるようになれば…

会話の中で笑いをとることができて相手を
楽しませることができるようになります。

あなたは、相手に一緒にいて楽しい人だと
思われるようになります。

あなたは楽しい人
だと思われたくありませんか?

発想力やアイデア力が身につけば…

仕事や勉強も3倍以上のスピードと
クオリティーでこなせることが
できるようになります。

そして、さらに周りからは頭がいい人だと
思われて、尊敬されることができます。

あなたは、尊敬される人になってみたく
ありませんか?

実は、ユーモアや発想力を身につけるには
あるコツがあるのです。

そして、そのコツは今日からあなたが
生活の中で取り入れることができる
簡単なことなのです。

今日はユーモア、発想力を身につける方法
という話を詳しくしていきたいと思います。

…。

では、まず今、
ペンと紙を用意してもらえますか?

…。

…。

用意できましたか?

では、あなたに
やって欲しいことがあります。

「この世に存在しない
オリジナリティーがあるキャラクター
を書いてみてください」

ここで、一旦読むのをやめて、
あなた自身の発想力をフル回転させて

あなた独自の
キャラクターを考えてみてください。

…。

…。

…。

できましたか?

では、そのキャラクターをあなた自身で
客観的に見てください。

そのキャラクターを客観的に見て
あなたはどう思いますか?

おそらくあなたが書いたそのキャラクターは
この世に存在するものに似ていませんか?

例えば、猫、たぬき、鳥、ライオン、犬…
などの動物。

例えば、飛行機、車、船…
などの物体。

なにかしら、すでにこの世の中に存在する
ものに影響を受けていませんか?

この世の中に存在しないキャラクターには
ならなかったのではないでしょうか?

覚えて欲しいのですが

無から有は生み出せない

と覚えてください。

何もない状態から、何かを生み出すことは
人間には不可能なのです。

巷にある色んなキャラクターが
ありますよね?

それらもみんな、無から生み出されたもの
ではないのです。

ドラえもんはタヌキに似ています。

アンパンマンはアンパンとスーパーマンを
組み合わせたものです。

仮面ライダーのバッタをモデルとしています。

この世に存在をするたくさんのオリジナルの
キャラクターでさえ、無から生み出されたわけ
ではないということです。

だから、ユーモアセンスを身につけたいと
思った時何かすばらしい発想を身につけよう
と思った時、絶対に

「誰も考え付いたことのない自分だけの
オリジナリティーあふれるものを考えだすんだ」

と思ってはいけないのです。

そう思うことこそが、発想力やユーモアを
出せない原因となっているからです。

なぜなら、無から有は生み出せないから。

これから、深く話していきますが、
まずこの概念をしっかりと覚えてください。

次に、覚えてほしいのですが

アイデアは1+1である。

と覚えてください。

アイデアとは

何かと何かを合体させたり
それを変形させたり
付加価値をつけること。

これが本当の意味でのアイデアなのです。

例えば、携帯電話。

元々固定の
電話は世の中に存在していました。

それを小さくして、持ち運べるように
したところ1人が1台持つのが
当たり前になるほど普及をしました。

例えば、ヤフーオークション。

ヤフーオークオークションの
根本は競りです。

それをネットで個人でもできるように
したところ爆発的に参加者が増えたのです。

つまり、世の中に存在をするアイデア。

すばらしい、奇抜な、誰も考え付かない
アイデアと思われることも、実のところは

1+1で生まれているのです。

つまり、最初にユーモア、発想力を身に
つける方法と言いましたが、正確に言うと

あなたがユーモアや発想力を身につける
ためには

1、無から有を生み出そうとすることをやめる。

2、そして、1+1で作るものなんだ。

と、パラダイムシフトすることなのです。

そうすることで、

あなたにユーモアのセンスや発想力や
アイデア力が身に付くということなのです。

具体的にユーモアセンスを身につける方法
というのは、別にこの先お話ししていこうと
思っていますが

まず、上記のことを覚えてほしいのです。

私はいわゆる成功者と言われる人と
よく話をすることがよくあります。

ビジネスが成功して、
お金持ちになった人です。

その人たちに共通するのが

困ったことがあったら、
本や図書館に行くクセを持っている

ことです。

何か解決をしたい悩みがあったら、漠然と
悩むのではなく、本を読んでそこから解決の
アイデアを出そうとする習慣があるのです。

それは

・無から有は生み出せない

・アイデアは1+1である。

意識しているかはどうかわかりませんが
理解しているからだと思います。

なので、あなたが

「ユーモアセンスを身につけたい」

「発想力を身につけたい」

と思うのであれば、まずすべきことは

1+1

この材料を集めることから
始めることなのです。

…。

…。

ただ、ここで1つの問題があります。

今日の話を実践しようすると
あなたの邪魔をする 

ある思考

があるのです。

では、次回にその話をしたいと思います。

それでは、また。

-------------------------------------------
今すぐ解決したい悩みがあったら

kita0770@gmail.com までメールしてください。

あなたと一緒に解決したいと思います。

●発行責任者:木多崇将
●問い合わせ:kita0770@gmail.com
スポンサーサイト

| 会話術 | 14:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。