自動的に話題が見つかり会話が続くようになる方法

いくら考えても話題やネタが見つからない。 いつも会話が途切れて、広がらなくて、会話が続かない会話が苦手なあなたへ。 話し方が上手になる奥義を教えます。

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ユーモアセンスを身につける方法 その2

こんにちは、
会話コンサルタントの木多崇将です。

前回からの続きです。

ユーモア、発想力を身につける方法と
いう話をしていきます。

あなたがこの話を聞けば、
ユーモアセンスが身に付き、会話で相手を
楽しませることができるようになります。

また、「頭がいい人」と思われたり
「頭の回転がいい人」と思われたりして
尊敬されるようになる方法です。

あなたが前回のメールを読んでいないなら
先に前回のメールを読んでおいてください。

では、はじめます。

あなた以下の言葉を聞いて
どう感じるでしょうか?

「パクる」

「盗作」

「著作権侵害」

という言葉を聞いてどう思うでしょうか?

なんとなく「悪い事」と感じませんか?

「●●って歌手が△△の歌詞を盗作した!」

「中国が●●の著作権を侵害した!」

ニュースでちらほら聞くことがあると思います。

そういうニュースを聞いて

「パクったりしたらダメだろ~」

と、あなたは思っていませんか?

もちろん、上記のことは
私も悪い事だと思っています。

しかし、ここで私があなたにお話を
したいのは上記のことを悪いと思っていると

あなたのユーモアセンスや発想力に
を身につける事に心理的な
ブレーキがかかってしまうということです。

私は

「パクる」

「盗作」

「著作権侵害」

あなたにやってくださいと言っているわけでは
ないのですが、上記の言葉に罪悪感を
持ちすぎてしまうと、

あなたのユーモアセンスや発想力が
身に付かなくなると
いうことをお伝えしたいのです。

なぜなら、
人間はマネをすることで
早いスピードで学習するから。

あなたはどうやって言葉を覚えましたか?

あなたは日本人だと思いますが
どうやって日本語を覚えたでしょうか?

本や教材や学校で勉強して
覚えたわけではないですよね?

当たり前ですが、
親のマネをして覚えたと思います。

子供は、マネをして複雑な日本語を
いとも簡単にマスターしてしまいます。

でも、さきほど

「パクる」

「盗作」

「著作権侵害」

あなたは言葉に罪悪感を感じましたよね?

多くの人は子供の頃はマネをして
成長していきます。

しかし、大人になっていると無意識に
マネをすることに罪悪感を覚えています。

そして、それが心理的なブロックとなり成長
を妨げることになっていることがよくあります。

あなたがユーモアセンス、発想力を
身につけたいと思うのであれば、
まずしなければいけないのは

マネをすることの罪悪感をなくすことです。

そして、ドンドン人のマネをしていき
1+1の材料をたくさん集めることです。

もし、あなたがユーモアセンス、発想力を
身につけたいのであれば、あなたがユーモア
があると思う人をたくさん見つけることです。

あなたが魅力的だと感じる人を
見つける事からまずはじめることです。

マネをすることで一番早い
スピードで学習することができるのです。

マネをすることの罪悪感をなくし、
どんどんすばらしいと思うものは
マネをしていくこと。

そうすることであなたは脅威的なスピードで
成長していけるということなのです。

では、以下の
ステップで進めてみてください。

ステップ1 
あなたがユーモアセンスが
ある人発想力があると思う人を2人選ぶ。

本、テレビ、ラジオなどから
あなたがユーモアセンスがあると思う人を
2人選んでください。

特にラジオから見つけるのがいいです。

なぜなら、ラジオというのは
会話がメインで進んでいきます。

テレビと違って
他の要素でのごまかしがききません。

ですので、ラジオでユーモアあることを
バンバン言えている人は
とても参考になります。

ステップ2 
その1人のマネを徹底的にマネをする。

ステップ3 
もう1人も徹底的にマネをする。

ステップ4 
2人をフュージョンさせる。

ユーモアセンスがあるという人を見つけたら
その2人を徹底的にマネをしてください。

その2人の会話を
何度も聞いてみてください。

そして、その2人をフュージョンさせる。

つまり、良い部分をあなたが取り入れて
合体させることです。

そうすることで、
ユーモアセンスや発想力が
身に付くようになります。

周りの人から見ると、
十分すぎる発想だったり、
ユーモアセンスは身に付いている。

あなたは人との会話の中で
発想力がでてくるようになります。

あなた自身は
「マネをしてるだけなんだけどな~」
と思っていたとしても、周りの人からは

「この人はすごく頭の回転が早い人なんだ」

「頭の切れる人なんだ」

と思われるようになることができます。

あなたは今の3倍以上
尊敬される人になる事ができるのです。

必ず、マネをすることの
罪悪感を取り払ってください。

それでは、また。

-------------------------------------------
今すぐ解決したい悩みがあったら

kita0770@gmail.com までメールしてください。

あなたと一緒に解決したいと思います。

●発行責任者:木多崇将
●問い合わせ:kita0770@gmail.com
スポンサーサイト

| コミュニケーション | 13:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。