自動的に話題が見つかり会話が続くようになる方法

いくら考えても話題やネタが見つからない。 いつも会話が途切れて、広がらなくて、会話が続かない会話が苦手なあなたへ。 話し方が上手になる奥義を教えます。

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

豊富な話題を身につける方法?

「木多さん。豊富な知識を得る為に日々の
生活の中で行っている事はありますか?」

と質問される事がよくあります。

私は基本的にテレビを見ません。

新聞も取ってないし、雑誌も読みません。

現在は、ビジネスの教材だけを
繰り返し勉強しそれ以外の情報や知識は
シャットアウトするようにしています。

つまり、豊富な知識を得る為に
行っている事は何もないという事です。

…。

こんにちは、
会話コンサルタントの木多崇将です。

「会話を盛り上げるためには
豊富な話題が必要だ」

と思っている人がたくさんいます。

最初の質問をたくさんされるのも、
そもそも多くの人は会話を盛り上げる為
には豊富な話題が必要だと思っているの
だと思います。

私は、まったく豊富な知識はありません。

でも、まったく会話で話題に困りません。

「え?木多さんはどうやって話題を見つけて
るんですか?やっぱり豊富な話題がないと
いつか話題が尽きてしまうと思うんですけど?」

まず、覚えておいて欲しいのは、豊富な
話題があったに越したことはありません。

どんな話題になっても、話を合わせられる
だけの豊富な知識が
合った方がいいのはいいです。

ただ、私自身はこのマインドセットを持って
いるから豊富な知識は必要ないのです。

それは【教えてもらう】です。

私は別に話題なんて増やさなくても、
教えてもらえば事足りると思っています。

この教えてもらうことさえしていれば、
話題が乏しくても会話を続け、
盛り上げることは簡単に可能です。

例えば、相手がパチンコが好きだとします。

そうすれば、パチンコについて
教えてもらえばいいんです。

「最近、どんな台打ってるんですか?」

「最近はねぇ~。○○って台かな~」

「へ~。私、パチンコ打った事なくて
全然わからないんですよね」

「パチンコは簡単だよ。お金入れて
ハンドル回して、当たるのを待つだけ(笑)」

「へ~。パチンコしていて、どんな時が
一番楽しんですか?」

「そりゃ、大当たりした瞬間。そして
連チャンしたときだな~。脳から麻薬が
ドバドバでるんだよ」

「お~。それいいですね。
楽しそうだな~」

…。

こんな感じで、相手が興味を持っていること
を興味を持って教えてもらえばいいのです。

あなたに絶対に
忘れて欲しくない事があります。

【人間は話を聞くよりも、
話す方が10倍以上楽しいって事です】

教えてもらうことで、
相手は自分の知識を話す事ができます。

そして、
楽しい気分になり、その楽しい気分にさせて
くれた相手を好きになります。

つまり、教えてもらう事で、
ただ会話が続くだけではなく
相手と仲良くなれたり、
好かれたりすることもできるのです。

豊富な知識を身につけようと努力するより
簡単にできて、効果が高いと思いませんか?

「木多さん。でも、教えてもらうばっかり
してたら相手に馬鹿だとか、無知な人だと
思われてしまうんじゃないですか?」

もし、そんな不安があるのであれば、
あなたが興味のある分野を勉強して
知識を得てください。

もし、何もなければジビネスの知識を
得る為に少しだけ勉強してください。

そして、会話の中でたまに、
その学んだ知識を話してみてください。

80%の人は、
ビジネスの勉強なんてしていません。

チラッとビジネスの知識を入れておくだけで
「この人頭いいな」って
思われる事ができます。

馬鹿な人だと思われる事はありません。

…。

「豊富な話題を身につけろ!」

これって誰が
言いだしたことなんでしょうか?

本当に豊富な知識なんかなくても、教えて
もらえば簡単に会話は続いていきます。

しかも、それで相手は気分よく会話を
してくれてあなたはその相手から
好かれるようになるのです。

さらに、色々な人と出会って、
色々な事を教えてもらっていれば、
結局は豊富な知識まで付いてきます。

ですから、毎日、努力して豊富な
知識を身につけようと努力することは
かなり馬鹿らしいと思います。

ぜひ、あなたは今すぐ
「教えてもらう」を実践して
会話を続けていってください。

----------------------------------------

●発行責任者:木多崇将
●問い合わせ:kita0770@gmail.com

スポンサーサイト

| 会話術 | 07:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

会話を弾ませるヒント

こんにちは、
会話コンサルタントの木多崇将です。

今日も会話を弾ませる為の
ヒントを1つ紹介したいと思います。

今日のテクニックもすごく簡単です。

あなたがたった今から取り入れて使う事が
可能ですので、今すぐ読んで使ってみてください。

…。

まず、あなたはこんな会話のやり取りを
やったこと、もしくはされたことありませんか?

------------------------------

「○○さんって何歳ですか?」

「え~。何歳に見える~?(笑)」

------------------------------

いわゆる「年齢当てクイズ」

合コンなどで、
よく交わされる会話パターンです。

テレビでもたくさんのクイズ番組が
あるように人はクイズが大好きです。

ですから、このように時おりクイズに
することで割りと会話というのは
盛り上がりやすくなります。

ただ、多くの人はこのクイズのパターンを
年齢の時にしか使っていません。

もちろん、なんでもかんでもクイズにすると
ウザいですが、あまり使っていないので
もう少し多用してもいいと思います。

だから、あなたは

【時おりクイズにすれば、
会話は盛り上がる】

という事を頭に入れておいて、
会話の中に取り入れてみてください。

例えば、

「俺ってどんな女がタイプだと思う?」

「私ってどんな男性が
向いてると思う?」

「昨日、すごいラッキーな
事があったんだよ。何だと思う?」

このようにクイズにして、相手に強制的に
あなたの事を考えさせ、興味をわかせるように
会話を進めていってください。

きっと、会話が続き、弾むようになっていきます。

簡単なので、ぜひ今日にでも使ってください。

【時おりクイズにする】

ただ、これだけです。

| 会話術 | 09:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

舐められない方法

こんにちは、
会話コンサルタントの木多崇将です。

今日は以下の質問に
お答えしたいと思います。

------------------------------

私はよく人からバカにされて嫌な思いを
したりすることが多いような気がします。

人から舐められないようにするためには
どうしたらいいのでしょうか?

------------------------------

あなたはどうでしょうか?

普通にしているだけなのに、周りから
見下されていると感じていませんか?

そして、もう少しだけでも周りから
尊敬されたいと思いませんか?

今日はこれから

【人から舐められない方法】

という話をしたいと思います。

私は基本的に

「どちらが上、どちらが下とか」

人間関係で優劣を
考えるべきではないと思っています。

そんなマインドを持っていては、
良い人間関係は構築できません。

しかし、そうは思っていても
あまりにも自分自身が人から馬鹿に
されてしまっていては、良い人間関係を
構築することはできません。

ですので、

「いつもなぜ
人に舐められてしまう・・・」

という人はこれからお話する
テクニックを使って舐められないように
防御するようにしてください。

…。

で、さっそく舐められないテクニックを
お話しするのですが
これは本当にすごく簡単です。

【こちらの主張に
同意させていくように仕向ける】

ことです。

例えば、

「海外のドラマって見た事ある?」

「うん、24みたいなやつでしょ?」

「うん、そういうやつ。あれってDVDとかで
見だしたらめちゃくちゃはまってしまわん?」

「うん、ハマるよね~」

といった具合に

「なぁ、○○だってそう思うよな?」

というように、こちらに同意させて
いくように仕向けていけばいいのです。

たったこれだけです。

これだけで簡単に
相手にこちらを舐めさせずにすみます。

「私は○○だと思う」
⇒「あなたも○○だと思うよね?」

会話の中で、
同意させることを入れるのです。

もちろんやりすぎはいけません。

さじ加減は必要です。

しかし、あなたの周りの人の発言を
注意深く聞いてみてください。

リーダー的な人。人を引っ張る人。などは
無意識で、この同意させる
テクニックを使っています。

そして、周りから舐められてしまう人は、
絶対にこの同意させる
テクニックを使っていません。

つまり、このテクニックを少し取り入れることで
最低でも、人から舐められないように
することができるのです。

すごく簡単で効果的なテクニックです。

…。

また、あなたが男性ならば、
女性に対してこの同意のテクニックは
積極的につかってください。

このテクニックを使うことで、
女性はあなたの事を好意的に
見るようになってきます。

女性は、深層心理で男性に
ついていきたいと思っている
部分があります。

ですので、このテクニックを使うことで、
いい意味での主従関係を
作りだすことができます。

「男らしさが足りないな・・・」

と感じているあなたは
女性対してテクニックを使ってみてください。

すごく簡単です。

会話の中で

「○○もそう思うよな?」

と言うだけです。

これだけで、絶対に
人から舐められないようになります。

----------------------------------------

●発行責任者:木多崇将
●問い合わせ:kita0770@gmail.com

| 会話術 | 07:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

話を膨らませる方法

こんにちは、
会話コンサルタントの木多崇将です。

あなたは、話が膨らまなくて悩んでいますか?

一言二言話して終わりになって
話が膨らまないと思っていませんか?

今日は話を膨らませるためのテクニックを
1つ紹介したいと思います。

このテクニックを使うだけで、
普通の会話の約3倍は
話が膨らみやすくなります。

つまり、話が膨らみやすいので、
結果的に会話が続くようになります。

このテクニックは、たった今からあなたが
簡単に取り入れることができるので
ぜひ、今すぐ読んで試してみてください。

…。

まず、あなたが会話が続かない時の
パターンを思い出してみてください。

例えば、こんな
パターンになっていないでしょうか?

自分「○○ってどこ出身なの?」

相手「石川県だよ」

自分「へ~。石川のどこなの?」

相手「金沢だよ」

自分「へ~。金沢ってどこが有名?」

相手「う~ん。兼六園かな~」

自分「兼六園いった事ある?」

相手「うん、小さい頃行った事あるよ」

自分「へ~。そうなんだ~。・・・」

…。

会話がうまく続いていかない時
このようにあなたが質問ばかりしている
パターンになっていることが多くないでしょうか?

自分ばかりが質問をして、
それに相手が答える。

はじめのうちは、質問もあるのだけど、
段々と質問も無くなっていく。

そして、最後には質問することもなくなって
しまって、沈黙になってしまう。

このように、質問ばかりしてしまって、
最後には質問が尽きてしまう会話パターンに
陥ってしまっていないでしょうか?

当たり前ですが、一方的に
質問ばかりしていてはそれは尋問になります。

会話が膨らみ、
盛り上がっていくはずがありません。

自分が一方的に
質問ばかりする会話のパターン。

これは絶対に
やってはいけないパターンなのです。

…。

「木多さん。それはわかっています。
でも、相手が自分に質問してくれないんです。」

「たまに相手が質問してくれても、
話が膨らまないんです。
だから、どうしても質問責めになってしまうんです」

もしかしたら、
あなたはこう思っているかもしれません。

私も過去はうまく会話が
続かなかったのでよくわかります。

では、簡単な1つの解決策をお話しします。

【「相手に質問する」⇒「先に自分が答える」】

という流れを使ってください。

例えば、

「○○って出身どこなの?
俺は石川なんだけど」

といった具合に、聞きっぱなしではなく、
自分で先に答えてしまうのです。

このように、こちらの情報を与えて
おくことによって相手はそこから
連想をしていきます。

だから、

「私は、福井だよー。
石川によく遊びに行くよ!」

というように、話が膨らみやすいわけです。

みんな常識にとらわれて、質問したら
相手が答えるまで待っていると思うのですが、
先に自分で答えてしまっていいんですね。

逆に、先にこちらから情報を与える事で、
そこから相手は色々な想像をするので、
話が自然と膨らんでいきやすいのです。

また、例えば、異性に対して
プライベートな聞きにくいことを質問する場合でも

「彼氏いるの?俺は半年前に別れた!」

と言った具合に、先に答えることで
「詮索されている・・・」と感じる事を
避ける事ができます。

単純ですが、とても有効なテクニックです。

…。

あなたが会話をしている時、

質問⇒質問⇒質問

という流れは、非常に悪い流れです。

あなたが一方的に質問していれば、
必ず質問は尽き、会話は途切れます。

そうならないためにも、この
「相手に質問する」⇒「先に自分が答える」
という流れを使ってください。

「趣味は何?俺は旅行が趣味なんだ~」

「何歳?俺は32歳!」

「最近、良い事あった?
俺は昨日すごい良い事あってさぁ~」

といった具合に、先に自分が答えてください。

もちろんやりすぎはいけません。

しかし、こちらが質問ばかりになりそうな時、
アクセントで使っていけば、こちらの一方的な
質問責めを避けることができます。

そして、会話が膨らんでいき、スムーズに
会話を進めていく事ができ、
会話が続くようになります。

あなたがやる事がすごく簡単です。

「相手に質問する」⇒「先に自分が答える」

だけです。

さぁ、たった今から会話のチャンスが
あれば、すぐにでも使ってみてください。

それでは、これからも
一緒にがんばっていきましょう。

| 会話術 | 11:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。