自動的に話題が見つかり会話が続くようになる方法

いくら考えても話題やネタが見つからない。 いつも会話が途切れて、広がらなくて、会話が続かない会話が苦手なあなたへ。 話し方が上手になる奥義を教えます。

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マスター=知識+経験

こんにちは、
会話コンサルタントの木多崇将です、

私はあなたに会話上手になって欲しいと思い
いつもメールを書いています。

あなたは、会話上手になりたいと思っている
から、私からのメールを読んでくれているの
だと思います。

「会話なんて楽勝だよ!」という人は
一人も読んでいないはずです。

「あ~。どうしたら会話がうまくなるんだ?
どうしたらうまく相手に質問したり、受け答えが
できるようになるんだ?あ~。わからない!」

と、悩んでいる人のために、私は
一所懸命メールを書いています。

今日は、あなたの頭の中をスッキリさせる
話をしていきたいと思います。

この話を聞けば、あなたはこの先、
何をしていけばいいのか?

会話を上達するために、何をすればいいのか?
が明確にわかるようになります。

それでは、スタートします。

まず、覚えて下さい。

------------------------------
マスター=知識+経験
------------------------------

そうです。

何事でも、マスターをするためには
「知識」と「経験」が必要だという事です。

「知識」と「経験」があれば、
どんな事でもマスターする事が可能だという事です。

何かをマスターしたい。
でもできないという場合は

「知識」が足りない



「経験」が足りないのです。

マスターをしたければ、

「知識」を増やす



「経験」を増やす。

ことでマスターできるようになるのです。

多くの人はこのシンプルな法則に気づいていません。

例えば、

「私は説明するのがヘタなんです。
どうすればうまく説明できるようになりますか?」

と、聞かれる事があります。

「では、まず今までうまく説明するために
学んできた知識はありますか?」

と、質問すると

「え~と・・・特にありません・・・」

この場合は、まず知識を増やす必要があります。

「木多さんの教材を読みました。でも
うまくいきません。どうしたらいいでしょうか?」

と、聞かれる事があります。

「では、現在、どういった場所で
会話の練習をしていますか?」

と、質問すると

「えっと・・・してません。
親と、少し会話するだけです・・・」

この場合は、経験を増やす必要があるという事です。

本当に簡単な事ですが、私たちは悩みがあると
それに執着してしまい、こんな簡単なことも頭から
すっ飛んでしまいます。

そして、解決がしないまま、
日々悩み続ける事になります。

まず、あなたも今、
人とのコミュニケーションで
悩んでいる事を考えてみて下さい。

そうすれば

「あ~。私には知識が足りないかも・・・」

「なるほど、私には経験が足りないな…」

と、気づくはずです。

やるべき事も見えるはずです。

「知識をつけないと駄目だな」

「私はもっと実践をしないと駄目だな」

と、これからしなければいけない事が
わかるはずです。

そして、結果的に自分自身で色々な
解決方法を見つけることができるようになるのです。

だから、これから、マスターしたい事がある。

でも、できない時は

「あ~。なんで俺はダメなんだ・・・」

と思うのではなく、

「マスターする為には、知識と経験が必要だ。
俺に足りていないのはどちらかな?」

と考えていく必要が私たちにはあります。

私はいつもこれを頭においています。

例えば、メールを
書いていてもなかなかペンが進まない。

そんな時は

「知識が足りてないかな?
本を1冊読んでみよう」

と考えるのです。

例えば、色々なセミナーに参加した時には

「セミナーに参加するのはいい。
でも、それ以上にこれを実践する事が
大事なんだ」

と考えるのです。

そうやって、日々少しずつ成長を続けています。

…。

あなたは毎日色々な事で悩んでいると思います。

色々な事で頭が混乱していると思います。

そんな時はかならずこれを思い出してください。

------------------------------
マスター=知識+経験
------------------------------

そして、

「私に知識は足りているかな?」

「私に経験は足りているかな?」

と質問してあげてください。

きっと、これからやるべき事が
頭に浮かんでくると思います。

そして、さまざまな問題を解決し、
さまざまな事をマスターできるようになります。


----------------------------------------

●発行責任者:木多崇将
●問い合わせ:kita0770@gmail.com

スポンサーサイト

| 自己啓発 | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

永久に話題を生み出し続ける秘訣 その3

こんにちは、
会話コンサルタントの木多崇将です。

『永久に話題を生み出し続ける秘訣』

の最後の話になります。

あなたは、過去に異性とのデートで
こんな事ありませんでしたか?

1回目のデートでは楽しく会話できた。

しかし、2回目、3回目に続くにつれて
話す事がなくなってしまった。

それが原因で付き合う事ができなかった。

または、運よく恋人ができた。

最初のうちは楽しく会話していたけど
2か月、3か月と付き合いが長くなるに
つれて話題に困る事が多くなった。

そして、結局別れてしまった。

このような経験をした事がありませんか?

過去、私はいつも
女性との話題に困っていました。

最初のうちは話題があるけど、
段々と話題がなくなっていく事が
いつも悩みでした。

しかし、それは今日これからお話する
テクニックを知らなかったからです。

私は、このテクニックを知る事で
特に、女性との話題に困る事が
一切なくなりました。

もし、話題に困ったなと感じれば
この話題を話せばいいだけだからです。

あなたも、このテクニックさえ覚えておけば
いつでもどこでも、気軽に使えて、
会話が盛り上がるようになります。

もし、あなたが
異性との会話で困ることがある。

恋人がいるけど、
あまり会話が盛り上がらない。

結婚していてパートナー
がいるけど、会話が少ない。

どれかに当てはまるなら、
ぜひ今日のテクニックを覚えて下さい。

そして、使ってみて下さい。

きっと、話題に困る事がなくなります。

…。

まず、過去を振り返ってみて下さい。

あなたが今まで話題が尽きてしまった
相手を1人思い出してみてください。

…。

…。

思い出せましたか?

おそらく
その相手は「共通の知人」がいない、
もしくは少ない人では
ありませんでしたか?

話題が尽きてしまう原因の3つ目。

それは、

【共通の知人がいない、
もしくは少ないこと】

です。

共通の知人の話題があれば
それだけで、かなり話題は豊富になります。

だから、話題が尽きないようにするには
単純に共通の知人を増やせばいいのです。

例えば、あなたが男性で、
出会い系サイトで女性と出会ったとします。

この場合には、
共通の知り合いが全くいません。

でも、例えば合コンで出会った場合。

友人同士が集まってする3対3の
合コンだった場合
そこに共通の知人がいますよね?

だから、共通の知人がいた場合
後日2人でデートした際にでも

「この前一緒に合コンしたAって奴いただろ?
最近、あいつに事件があってさぁ~」

と、友達の話題で色々話をする事ができます。

「そう言えば、この前一緒に合コン来てた
○○ちゃんって元気?」

と、彼女の友達の話題で色々
話をすることができます。

つまり、共通の知人がたくさんいれば、
それだけで話題の選択肢が
膨大に増えるのです。

共通の知人がいるのか?いないのか?
話題の選択肢に雲泥の差があるのです。

だから、あなたが
話題が尽きないようにしたいならば、
意識して、共通の知人を作るようにして
行く必要があるのです。

「あ~。共通の知人が増えればいいな~」

という感覚ではなく、明確に

「よし、共通の知人を作るぞ」

と意識して増やす事です。

そうすれば、話題が尽きないようになるのです。

…。

「木多さん。なるほどです。
具体的にはどうやって共通の知人を
増やせばいいのですか?」

共通の知人を作る方法が
2つあるのでどちらかを使ってください。

1つ目、

『リアル共通の知人化』

これは例えば、彼女に対して

「今度、友達と一緒にご飯食べようよ」

と誘って実際に、
彼女の友達と会ったりすることです。

彼女の友達と会ったりする人はかなり
少ないと思いますが、これをやれば
共通の知人が確実に増えていきます。

私は実際に、
過去付き合ってきた彼女の
友達と会うように心がけていました。

意図的に、共通の知人を
作り出そうと意識していました。

彼女の友達などと
積極的に会うようにしていました。

このおかげで彼女と話題が
尽きる事は本当にありませんでした。

もし、話題に困ったら

「そういえば、友達の○○ちゃんって
元気にしてるの?」

と切り出せばよいのですから。

…。

次の2つ目、これは私が普段
多用している方法ですが

『バーチャル共通の知人化』

です。

これは、実際に会った事はないのに、
さも実際の共通の知人のように
する手法です。

『バーチャル共通の知人化』の
ポイントは、名前を聞き出す事です。

例えば、こんな風に会話を進めます。

私:「仕事順調?」

相手:「う~ん。微妙」

私:「どうしたん?
ムカつく上司がいるとか?(笑)」

相手:「なんでわかるの?
実はその通り(笑)」

私:「感やな(笑)てか、
その上司の名前なんていうの?」

相手:「え?なんで名前なんて聞くの?」

私:「いいから、なんて名前?」

相手:「え~。江口だけど」

私:「そうか~。江口ムカつくよな~」

相手:「そう、ムカつくのよね~」

と、このように名前を聞き出す。

そして、名前を聞き出して、

私:「江口のどこが嫌いなん?」

相手:「言い方がすごい高圧的で
イヤなんだよね~」

と、色々な話をしておきます。

そして、名前さえ聞いておけば、
後日、また会った時にこう切り出せます。

「上司の江口は最近どうなの?」

名前を聞き出す事によって、
会ってもいない人なのに、なぜか
2人の間では共通の知人のように
成立するのです。

たった名前を聞くという単純なことですが
それだけで、共通の知人となるのです。

例えば、あなたも相手の
友達の名前を聞き出して
そして、『バーチャル共通の知人化』
してみてください。

「一番仲の良い友達って誰?」

「ん~。○○ちゃんかな」

と、名前を聞き出してみて下さい。

会った事がない人なのに、
共通の知人とする事ができます。

そして、話題が尽きないようになります。

名前を聞き出す事。

結構サラっと書いていますが、
絶大な効果があるテクニックです。

「お父さんの名前なんていうの?」

「彼女の名前は?」

と、名前まで聞く事で、あった事がないのに
実際の共通の知人のようになってしまうのです。

是非、試してみて実感してみて欲しいと思います。

それでは、またメールしますね。


----------------------------------------

●発行責任者:木多崇将
●問い合わせ:kita0770@gmail.com

| 会話術 | 12:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

永久に話題を生み出し続ける秘訣 その2

こんにちは、
会話コンサルタントの木多崇将です。

前回からの続きです。

『永久に話題を生み出し続ける秘訣』

について話をしていきます。

今日は話題が
尽きてしまう原因の2つ目です。

多くの人が話題が尽きてしまう
2つ目の原因それは・・・

「繰り返し聞いていない」事です。

例えば、一度相手と「家族の話」をして
相手の「親父さん」について色々話をして
会話が盛り上がった。

親父さんのここが嫌いとか。
ここは好きとか。ここをなおして欲しいとか。

過去の思い出話や最近起こった
出来事とか色々聞いた。

でも、多くの人は、
それきりになってしまっているのです。

話題が尽きてしまう人は、
1度聞いて終わってしまっているのです。

私の場合は、
同じ話題でも何度も何度も聞きます。

例えば、親父さんの話でも
相手に何度も聞くんです。

会うたびに
「最近、親父さんと、どう?」

会うたびに
「最近、親父さんとしゃべった?」

と、切り出して、何度も聞いていくのです。

「木多さん。同じ話題ばかりしてたら、
またその話?と思われませんか?」

心配しないでください。

例えば、親父さんの話題の場合だったら、
相手が同居しているような人だったら、

前回会って、次回会うまでに必ず
親父さんとの間に何かあって、
話すようなエピソードが生まれています。

それどころか、
前回一度深い話をしていますよね?

はじめてのように
細かい説明をする必要はありません。

だから、逆にもし相手が親父さんとの間で
誰かに聞いて欲しいようなエピソードが
あったらあなたに言いたくなるくらいなのです。

他の人のように細かい説明をしなくても
理解してくれているあなたに
しゃべりたくなるのです。

でも、積極的に「ちょっと聞いてくれる?
昨日、お父さんがさぁ~」と
言ってくる人は少ないです。

中には引っ込み思案で、自分からは
絶対にしゃべならい人もいます。

だから、

「最近、親父さんと、どう?」
と引き出してあげる必要があるのです。

繰り返し、「親父さんと何かあった?」
と聞いてあげる必要があるのです。

…。

「同じ話題を繰り返ししてはいけない」

これが心理ブロックになっている人が
かなり多いように感じています。

しかし、これまで何度もお話している

1:恋愛話
2:子供の頃の話
3:家族の話

であれば、繰り返し何度話しても、
誰でも楽しめる話題です。

必ず感情が絡む話題なので、
人間であれば楽しいと
感じざるを得ないのです。

だから、繰り返し聞いてみて下さい。

「また、その話?」
という人が現れるかもしれません。

そんな時は

「いや、おもしろいんだから
何度話してもいいやん♪」

と言ってあげて下さい。

言わなくても、そういうマインドで
繰り返し同じ話題をしていってください。

例えば、ディズニーランドへ
何回も行く人っていますよね?

年間パスポートを買って、
毎週のように行く人がいると思います。

そんな人に向かって

「あなたはなぜ何度も
ディズニーランドへ行くんですか?」

と聞いたら、おそらく当たり前のように

「楽しいからだよ♪」

と言うと思います。

1:恋愛話
2:子供の頃の話
3:家族の話

これらの話題も同じです。

楽しいから繰り返しやるのです。

このディズニーランドが好きな
人と同じような感覚で

「また、その話?」

「え~?楽しいからいいやん♪
お前も楽しいだろ?」

と言ってください。

話題が尽きないようになります。

それでは、最後の3つ目の原因は
次回でします。

私が永久に話題が
尽きない『最大の秘密』です。

聞き逃したら、損ですよ。

----------------------------------------

●発行責任者:木多崇将
●問い合わせ:kita0770@gmail.com

| 会話術 | 11:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

永久に話題を生み出し続ける秘訣 その1

こんにちは、
会話コンサルタントの木多崇将です。

前回からの続きです。

今回は

『永久に話題を生み出し続ける秘訣』

についてお話したいと思います。

あなたは「話題が尽きてしまう・・・」
と悩んでいませんか?

初対面の人と会話をしていて
最初のうちは色々な話題を出せて、
会話を進めていく事ができる。

しかし、段々と質問する話題も尽きてきて
いつも最後には話す事がなくなってしまうと
悩んでいませんか?

実は私もほんの
数年前までは話題が尽きていました。

話題というのはガソリンのように使えば
なくなってしまう物だと思っていました。

しかし、今では無尽蔵に生まれ続ける
太陽エネルギーのような感覚です。

永久に話題というのは、
尽きないという感覚でいるのです。

私はどうやって、
そう思えるようになったのか?

そして、具体的にどのようにして
話題が尽きないようになれたのか?

その話題が尽きなくなる方法に
ついてこれから詳しくお話しして
いきたいと思います。

…。

まず、あなたはそもそもなぜ
話題が尽きてしまうのか、
を考えてみた事がありますか?

私は分析してみて、話題が尽きてしまう
原因は大きく見て3つあると思います。

その3つの原因、そしてその解決方法に
ついてこれからお話していきたいと思います。

…。

まず、1つ目の原因。
「深い話になっていない」事です。

話題が尽きてしまう人の多くは1つの話題
について浅い部分で終わってしまって
深い部分まで話しこめていないことが
多いです。

例えば、私の場合だと以下のような
会話パターンになっていました。

------------------------------

自分:「親父さんってどんな人?」

相手:「う~ん。結構優しい人だよ」

自分:「そうか~。
優しいんだ。普段しゃべったりする?」

相手「う~ん。
あんまりしゃべらないかな~」

自分:「そうなんだ~。」

…。

…。

自分:「そういえば、
昨日○○ってドラマ見た?」

相手:「あ、見た見た」

------------------------------

かなり極端な例ですがこんな感じです。

こんな感じで、質問⇒また、別の質問と
行った具合で深い話に
全然なっていないのです。

では、深い話に
するにはどうしたらいいのか?

上記の場合だったらもっと親父さんについて
聞いていくべきなのです。

「親父さんってどんな性格?」

「誰に似ている?」

「親父さんのどこが好き?どこが嫌い?」

「最近の近況は?」

こんな感じで、ドンドン質問をしていって、
ドンドン深く深く聞いていく事が必要です。

もちろん質問責めにならないように、
自分の親の事も話に入れて行く事も
必要です。

「俺の親父は亭主関白でねぇ~。」

と自分の情報を
出していくことも必要になります。

とにかく話題が尽きてしまう人は、
もっと1つのトピックについて
深く話をしていく意識が必要です。

…。

「木多さん。よくわかります。
でも、あまりプライベートの事を
聞きすぎると嫌われるんじゃ・・・」

と心配する人が
必ずいると思いますので答えておきます。

私が深い話を聞けなかったのは、
このプライベートの事を
聞いたらいけないと思っていたからです。

おそらく、テレビや雑誌などの
刷り込みだと思うのですが
「あまりプライベートを詮索してはいけない」
と、なんとなく思い込んでいました。

でも、実際には
それは間違いだと気づきました。

ほとんどの場合、プライベートな事を
聞いても嫌われる事はありません。

一方的に質問ばかりになってしまわないように
「○○はどう?」と質問の後に「俺はねぇ~」
と自己開示をするようにする。

自分の情報量と相手の情報量の
バランスを取りながら会話を
すれば嫌われないことに気づきました。

嫌われるどころか、
好かれる事に気づいたのです。

あなたも、考えてみて下さい。

今までの過去を振り返ってみて

1、話が深くならなくて、
関係が途切れてしまった人

2、プライベートの事を
聞きすぎて嫌われてしまった人

どちらが多いでしょうか?

まず、間違いなく1だと思うのです。

多くの人は、プライベートの事を
聞きすぎてはいけないという
間違った常識を信じてしまっている。

そして、それが心理ブロックとなり、
深い話にならずに話題が尽きてしまっている
パターンがとても多いのです。

だから、まず、あなたは1つの話題を
深く話していく事を意識してください。

「プライベートの事を
聞きすぎたらいけないんじゃ・・・」

なんて、ウソの常識は忘れて下さい。

深い話をして、盛り上がっていけば、
1つの話題だけで1時間、2時間
話すことも可能となってきます。

例えば、私は女性と恋愛話をしていて
その過去に付き合っていた男性との事だけで
2時間以上話している事はよくあることです。

では、次に・・・行こうと思ったのですが
思った以上にこの話は長くなりそうです。

ですので、続きはまた、
次回お話ししていこうと思います。

----------------------------------------

●発行責任者:木多崇将
●問い合わせ:kita0770@gmail.com

| 会話術 | 11:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

話題が思い浮かばない原因=広すぎる選択肢

こんにちは、
会話コンサルタントの木多崇将です。

私の元へは日々
数十通の相談メールが届きます。

その中で相変わらず多いのは
「会話が続かない」という内容です。

これを解決する方法は今までも
何度かお話して教材の中でも
詳しくしているのですが、
ここで再度お話ししたいと思います。

会話が続かない原因というのは大きく見て

1:感情面の原因

・緊張しすぎている
・人からの評価を気にし過ぎている
(嫌われるのが怖い)
etc

2:知識面の原因

・必要な知識が不足している
・間違った知識をインプットしている
etc

・・・・・・・

以上が考えられるのですが
今日は知識面での話をしたいと思います。

具体的には「話題が思い浮かばない」という
問題を解決する知識の話を紹介します。

あなたも人と会話をしていて

「話題が思い浮かばない」

と、悩んだ事はありませんか?

そして、話題が思い浮かばないのは、

「頭の回転が悪いんじゃないだろうか?」

「もっと豊富な話題を身につけないと
いけないんじゃないだろうか?」

と思っているかも
しれませんが違うんですね。

話題が思い浮かばないのは、
あなたに才能や能力が
ないからではありません。

ただ、単純にやり方を知らないだけです。

実は「ある」脳の使い方を覚えれば
話題はポンポン出てくるようになります。

つまり、この脳の使い方さえ知っておけば
「何か話さなきゃ・・・」と、あの嫌な沈黙
が起こる事が少なくなるのです。

その話を今から
詳しくしていきたいと思います。

…。

なぜ、話題が思い浮かばないのか?

その原因の1つは

【広すぎる選択肢】

にあります。

ズバリ結論から言うと
「何を話せばいいのかわからない・・・」
多くの人が、こうなってしまうのは、
話題の選択肢が広すぎるからです。

いいですか?

今から言う事を
あなたも実際に想像してみてください。

「白い物を10個想像してみてください。
どんな物でもかまいません」

…。

…。

…。

想像できましたか?

では、次に

「冷蔵庫の中に入っている物で
白い物を10個想像してみてください」

…。

…。

…。

どうですか?

やってみてくれましたか?

やってくれた人は実感できたと思うのですが
おそらく冷蔵庫の中と、限定された方が
ポンポンと思い浮かんだのではないでしょうか?

何でもいい。とされるより、冷蔵庫の中と
範囲を狭められた方がなぜか、
「大根、卵、カブ・・・」などと、白い物が
思い浮かんだのではないでしょうか?

普通に考えてみて、
選択肢は広い方がいいと思いますよね?

広い方が、
色々な発想ができると思いますよね?

でも、実際は逆で、人間の脳というのは
選択肢が多すぎると
発想ができなくなってしまうのです。

話題を選ぶ時でも同じなんです。

多くの人が話題が思い浮かばないのは、
あまりにも広い選択肢の
中で話題を探そうとしているからです。

だから、話題を思い浮かべる方法は単純で、
狭い範囲の中から選ぶようにすればいいのです。

そうすれば、あなたの脳は
勝手に話題を探し出してくれるようになります。

そして、その際には、
以下から話題を探してください。

1、恋愛話
2、子供の頃の話(過去の話)
3、家族の話

この話は、何度かしているので
知っているかもしれませんがこの3つの話題
であれば自然に会話が盛り上がります。

誰とでも共通し、
感情が絡む話題だからです。

だから、あなたはこれから先、この3つの
話題の中から、話題を探すクセを
身につければ話題が見つかるようになるし
会話も盛り上がるようになるって事です。

…。

私はいつもこの3つの中から
話題を探すようにしているのですが、
具体的な会話の進め方を紹介しておきます。

私は以下のステップで
人と会話を進めていきます。

ステップ1:雑談をする
ステップ2:雑談の中からキーワードを探す
ステップ3:キーワードから3つの話題へ繋げる

以下解説します。

ステップ1:雑談をする

ここでの雑談は、例えば

「最近寒いね~」

「最近、調子どう?」

「もうすぐ今年も終わるね~」

など、多くの人がやるような雑談です。

まず、相手と適当な雑談をします。


ステップ2:雑談の中からキーワードを探す

雑談する事自体には何の意味もありません。

雑談をするのはスムーズに3つの話題に
つなげるためです。

その会話の中から、恋愛話、子供の頃の話
家族の話につなげられるようなキーワードを
探していきます。

例えば、こんな感じです。

私:「最近、何かいい事あった?」

相手:「う~ん。なんだろ?
あ、最近テレビ買ったよ!」

私:「お、そうなんや?地デジやな」

ここで、相手からテレビって
キーワードがでましたよね?

このようにキーワードを探します。

ステップ3:キーワードから3つの話題へ繋げる

キーワードが見つかったら
そこから3つの話題へつなげていきます。

私ならこんな感じで展開していきます。

私:「テレビ好きなんやな?
最近見てるおもしろい番組ある?」

相手:「最近はないかな~」

私:「ないんかい(笑)」てか、
小さい頃ってもっとテレビって
おもしろくなかった?」

相手:「確かに、おもしろかったな~」

私:「小さい頃、何見てた?
バラエティーとかで?」

相手「なんだろ?ドリフターズとか?
志村けんとか見てた(笑)」

私「あ、俺は8時だよ全員集合みてた!」
志村後ろ~!!って叫んでたもん(笑)」

相手「あ、それ私も!」

…。

どうですか?

イメージは沸くでしょうか?

テレビというキーワードから繋げていって
子供の頃の話になっているのが
わかるでしょうか?

私はこのような会話の進め方をしています。

だから、話題が
見つからないということがないのです。

毎回、同じように会話を
盛り上げる事ができるのです。

ぜひ、あなたもこの

恋愛話
子供の頃の話
家族の話

の中から話題を探すようにしてください。

きっと、今よりは確実に
話題が見つかりやすくなると思います。

…。

「木多さん。なるほど選択肢を狭めた方が
話題が見つかりやすい事はよくわかりました。
具体的な会話の進め方も理解できました。

しかし、この3つの話題だけだと同じ人と
会話していた場合話題が尽きると思うのですが?」

このような質問をよくされるので答えておきます。

答えを先に言っておくと、
話題が尽きる事はありません。

『話題を永久に生み出し続ける方法』

という秘密の方法があるのです。

長くなったのでこの続きは
次回話したいと思います。

----------------------------------------

●発行責任者:木多崇将
●問い合わせ:kita0770@gmail.com

| 会話術 | 12:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。