自動的に話題が見つかり会話が続くようになる方法

いくら考えても話題やネタが見つからない。 いつも会話が途切れて、広がらなくて、会話が続かない会話が苦手なあなたへ。 話し方が上手になる奥義を教えます。

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

学校、会社で仲間外れにされているあなたへ←解決法伝授

キレイ事が多すぎる。

巷のコミュニケーション業界は。

効果が薄く、当たり障りのない
キレイ事を並べて読者を納得させる。

しかし、市販のサプリメントのように全く効果はでない。

みんな、うんざりしていると思う。

私は会話で悩んでいる奴をどうしても生まれ変わらせてやりたい。

新しい世界を見せてやりたい。

たとえ、その方法が少々あくどい事であっても
法に触れない範囲で話したいと思う。

今日、伝えるノウハウは極めて非道徳である。

しかし、それゆえに劇的な効果がある。

特に、学校や会社での人間関係で悩んでいる人は
耳をかっぽじって聞いて欲しい。

これから話す方法は、

【周りの人から
つまはじきにされている現状を100%で改善できる】

と、私が確信している方法である。

このノウハウを確実に実践してくれれば、
同僚から、クラスメイトから
仲間外れにされる事は決してありえない。

心して聞いて欲しい。

・・・・・

まず、そもそもなぜ今回の話を
このタイミングでしようと思ったのか?

それは、最近フラッと立ち寄った立ち飲み屋での事。

隣のサラリーマンらしき
30代後半の2人の会話がきっかけである。

2人は私が滞在していた1時間、
彼らはずっと同じ話をしていた。

もちろん内容は変わっている。

しかし、本質的には、全く同じ内容の会話をしていた。

その時私は思った。

「あ~忘れていた!」

と。

私は独立して長くなってしまったから
私もサラリーマン時代は、同僚と

”その話題”

しか、していなかった事を忘れていたのだった。

そして、それをあなたに
強く伝える事を怠ってしまっていたのである。

2人のサラリーマンはこんな話をしていた。

「オレさぁ~。今の会社の女ども全員嫌い!
特にあの無駄にケツのデケー女が嫌い!」


「わかる。オレも嫌い!
あと、嫌いで言ったら上司の加藤が嫌だわ」

「お前知ってるか?その上司の加藤。毎年A評価らしいぜ」

「え~?まじで?ありえへん!ろくすっぽ仕事してね~のに!」

「だろ~?オレもありえんとおもうわ~」


2人は一体何について話をしていたのか?

【同僚(第三者)のグチ】

である。

私がいた一時間ずっと同僚のグチだけを言い合っていた。

私が帰った後も、軽くチューハイを2、3杯
おかわりすると予想するほど会話は盛り上がっていた。

・・・・・

4つの話題の話で、私はグチを聞けと言った。

しかし、グチを聞いていると、
どうしても「他人の悪口」になりがちである。

他人の悪口になったら、自分も多少言わなければならない。

ネガティブに感じて、グチを聞いていない人が多いと思う。

もちろん、現在、人間関係がうまく行っている人であれば、
無理にグチを言う必要はない。

他人の悪口は言うべきではないと私も思う。

しかし、現在、会社で、学校で、人間関係がうまくいかなくて、
仲間外れにされている人は
今すぐ、とにかく、何が何でも、優先順位一位でグチを聞け。

【第三者のグチを引きだし、グチを聞く事だけに集中するのだ】

そして、グチを引きだしたら、

【とにかく共感しろ】

「俺もそう思う!」「私も同じ!」

少しやりすぎなくらい、大袈裟に、共感をしろ。

「そんな事言ったら、●●さん可哀そうよ・・・」

第三者への慰めはいらない。

「俺はそう思わないな~」

なんて否定も一切してはならない。

とにかく共感しろ。

共感をしまくれ。

そうすれば、つまはじきにされている
最低最悪の状況は向け出せるはずだ。

なぜか?

それはあなたと相手との間に、

【共通の敵】

が生まれるからである。

そもそも敵がいなければ、味方もない。

敵が存在するからこそ、
味方という概念も生まれるのである。

グチを聞くという事は、共通の敵を作り出し
相手と、共通の敵を倒す目的を持った
共犯者になれる方法なのである。

ちょうど、「ドラゴンボール」で
ピッコロが仲間になった話と似ている。

それまでピッコロと孫悟空は敵対していた。

しかし、ベジータという共通の敵がやってきた事で
ピッコロと孫悟空は手と手を取り合う事になったのである。

・・・・・

あなたには、こう説明した方がもっとわかりやすいかもしれない。

あなたは今まで

【共通の敵にされてしまっていたのである】

「○○(あなたの名前)ってさぁ~。ちょっと変じゃない?」

「あ、そうそう。実は俺も思ってた」

クラスメイトは、あなたのちょっとした、
いわれのない言動を拾いあげてグチりあう。

そして、共感し、結束を固める。

その結果として、あなたはつまはじきにされてしまったのだ。

あなたは、自分の知らないところで
勝手にベジータにされてしまっていたのである。

だから、あなたが現在の仲間外れの状態から
一刻でも早く抜け出したいのあれば
誰でもいいから周りの人を捕まえて

【第三者のグチを引きだし、共感をしろ】

そうすればその人は必ずや
あなたの仲間になってくれるはずである。

あとは、その人数を少しずつ増やせばいいだけである。

味方が過半数を超えれば、仲間外れにされる事は決してない。

しかしながら、この方法を試せば、
ある人があなたの代わりにつまはじきにあうかもしれない。

心が優しいあなたは、心を痛めるかもしれない。

しかし、キレイ事だけでうまくいかないのが人生である。

非道徳ではあるが、
まずはこの方法で現状をどうにかして欲しい。

もし、あなたが周りのみんなと
うまく関係を持ってるようになったあかつきに

「いじめみたいな事やめようぜ!」

と、手をあげて言える人になったらいいと思う。

・・・・・・

また、具体的なグチの引きだし方であるが

「最近、仕事の調子どう?」

「最近、仕事大変そうじゃない?」

まずは、このように仕事の話を切り出す。

そして、

「○○さんとうまく行ってる?」

「○○さんってどう思うよ?」

あなたと、相手に共通する第三者。

同僚や友人の話題を振ればOK。

もし、グチがあれば、相手からグチってくる。

グチを引きだすのは浮き釣りと、とても似ている。

魚のいないところに、いくら針を垂らしても魚はかからない。

グチがあるポイントに、
針をたらせば、勝手に相手から食いついてくる。

自分からグチを言いだすはずである。

・・・・

いわば私が言っている事は

「他人を蹴落として、自分がのしあがれ」

と捉える事もできる。

巷のコミュニケーションの先生は
口が裂けてもこんな事言わないだろう。

「人間関係で大切なのは、相手を思いやる心ですよ!」

と、眠たくなる事しか教えてくれないだろう。

しかし、私が達成したい事は、
あなたに生まれ変わってもらう事である。

「孤独な人生がこのままずっと続いて行くのか・・・」

こんな不安を取り除き、
新しい世界を見せてあげたいと本当に思う。

だから、今回この話をした。

私は自分の考えが100%正しいと
思っているわけではない。

しかし、現在の私が100%で、
つまはじきの現状を打破できると信じている方法である。

ぜひ実行してみて欲しい。

それでは、また。

スポンサーサイト

| 会話のコツ | 17:47 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。