自動的に話題が見つかり会話が続くようになる方法

いくら考えても話題やネタが見つからない。 いつも会話が途切れて、広がらなくて、会話が続かない会話が苦手なあなたへ。 話し方が上手になる奥義を教えます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

悪口を言って信頼される方法

「しんご君は明るいのに
兄ちゃんは暗いよね」

これを聞いた時は「死んでしまいたい…」
と思うほどショックでした。

私は男ばかりの4人兄弟の次男で
1つ下にしんごという弟がいます。

私としんごは真逆の性格でした。

しんごは明るくて、元気いっぱい。

社交的で友達も多くて、さらに女性にも
モテる。

一方私は暗い、人づきあいが苦手、
さらにモテない男でした。

「しんご君は明るいのに
兄ちゃんは暗いよね」

これは風の噂で耳に入ったのですが
ただでさえ、うまく人と付き合えないと
悩んでいるのに

「弟と比較されてバカにされる」

プライドはズタズタに引き裂かれて
消えてしまいたいと思いました。

…。

こんにちは、木多崇将です。

私は悪口が嫌いです。

悪口を言うのも、悪口を聞かされるのも
好きではありません。

悪口ばかりを言っている人は最悪です。

相手を非難するだけで
自分はまったく努力をしない。

こういう人は人間のカスだと思います。

悪口は良くないこと。

当然、あなたも
わかっているだろうと思います。

でも、でもですね。

あなたは今日から悪口を言ってもらいます。

私はあなたに悪口をオススメします。

なぜなら、悪口をまったく言わないと人と
信頼関係を築けない理由があるからです。

あなたがまったく悪口を言わない人だと
相手はあなたに心を開けない
理由があるからです。

今日はその話をしようと思います。

「え?木多さん。悪口って
いけないことなんじゃないですか?」

と言いたくなると思います。

あなただけじゃなくても、
テレビの街頭のアンケートで

「悪口は良いことですか?
悪いことですか?」

と聞いたら90%は
悪いことと答えると思います。

しかし、ですよ?

悪口が一つもない人って
はたしているのでしょうか?

「愛されることより 愛することを。
理解されることよりは 理解することを」

マザーテレサの言葉です。

とてもすばらしい言葉ですけど
簡単にできるものじゃないと思います。

マザーテレサのような人って
地球上に何人いるのでしょうか?

私は1%もいないと思うんです。

ほとんどの人は日々の生活の中で
人に対する不満があると思うんです。

例えば、たまたま入ったコンビニの店員が
態度が悪くてムカついた。

親が門限に厳しい。もっと自由にしてほしい
とつい、親を嫌になってしまう。

グループに権力を握っている人がいる。

その人とぶつかると、他のみんなとの
関係が悪くなるので我慢している…。

人に対して、
不満が少なからずあると思うのです。

…。

考えてみてください。

あなたが会話している相手が

「私は悪口は嫌いだし、言わない」

と言ったとします。

そんな人の前で悪口が言えるでしょうか?

…。

言えないと思います。

「この人最低だなって思われるんじゃ…」

とネガティブなことを
考えてしまうと思います。

ストレスがあって、
それを誰かに聞いてもらいたい。

そう思っていても
我慢しないといけないのです。

つまり、素になることができないのです。

素になれない関係で信頼関係を
築くのは難しいのです。

人間誰だって完全ではありません。

むかついてしまったり、いらだったり
そうあるのが人間です。

そんな、お互いの汚いところや弱いところ
本当は隠したいところをさらけだせてこそ
本当の信頼関係は築けると思います。

勘違いしてほしくないのはあなたに
誰にもかれにも悪口を言いまくる人に
なってくださいというわけではありません。

今、悪口をまったく言ってないとしたら
少しだけ人の悪口を
言うようにしてほしいのです。

そうすることで、相手もあなたに安心して
悪口を言えるようになるから。

普段、悪口を言わない人ほど
本当は誰かに聞いてほしいドロドロとした
悪口がたまっているのです。

繰り返しますが、
悪口はいいことだとは思いません。

でも、あなたが少し悪口を言うことで
相手も悪口を言えるようなる。

そして、相手はあなたに悪口を
聞いてもらうことでスッキリして
また明日がんばろうと思える。

そして、相手はあなたの前だと
あるがままの自分でいられる。

「あ~なんか一緒にいるだけで
気持ちがよくなる人だな~」

あなたは居心地のいい人だと思われる。

相手のためになるのであれば
それが目的であれば
悪口は悪いことではないと思います。

人との信頼関係を築くために
少し言ってもらえたらと思います。

ただ、例えば共通の友達の悪口を言う。

そうすると、どこかから伝わって聞いた
相手を傷つけてしまうかもしれません。

トラブルが起きてしまうかもしれません。

なので

1、2度と会わないであろう人

例えば、お店の店員の悪口、
お客さんの悪口。

もう、2度と会わない人だったら悪口が
相手に伝わる事はほとんどありません。

2、共通の知人ではない人

例えば、相手が知らない友達の悪口。
同じ職場ではない友達に同僚や上司の
悪口を言う。

これならば、悪口を言う相手に
伝わることはありません。

この2点をおさえて、
悪口は言うようにしてください。

本当は悪口は言いたくないと思います。

しかし、まったく悪口を言わないと
人との信頼関係を築きにくいのも事実です。

まずは悪口で信頼関係を築く。

そして、その後はマザーテレサのように

「愛されることより 愛することを。
理解されることよりは 理解することを」

をしていけばいいのだと私は思います。

それでは、また。


-------------------------------------------
今すぐ解決したい悩みがあったら

kita0770@gmail.com までメールしてください。

あなたと一緒に解決したいと思います。

●発行責任者:木多崇将
●問い合わせ:kita0770@gmail.com

| 会話術 | 13:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kita0770.blog108.fc2.com/tb.php/10-b010c43b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。