自動的に話題が見つかり会話が続くようになる方法

いくら考えても話題やネタが見つからない。 いつも会話が途切れて、広がらなくて、会話が続かない会話が苦手なあなたへ。 話し方が上手になる奥義を教えます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

苦手な人とうまく付き合う方法

こんにちは、
会話コンサルタントの木多崇将です。

あなたは苦手な人がいませんか?

たとえば、

ロクに仕事もしないのに
偉そうにしている上司。

意見が違うと感情的になって
意見を押し付けようとする人。

すべてを人のせいにして、
自分はまったく悪くないと思っている人。

あまりおおっぴろげには
言えないけどいると思います。

今日は「苦手な人とうまく付き合う方法」
という話をしたいと思います。

あなたが

「苦手だな~」

と思っている人とでもうまく
付き合えるようになるメソッドを話します。

このメソッドを知ると、どんな人とでも
仲良くなることができるようになります。

人間関係で悩ましいのは嫌な人がいる。

でも、その人が会社の同僚だったり、
学校の友達だったりすると、

「じゃ、付き合わないでおこう」

と、ばっさりと距離を空ける
ことができないことです。

その人がどんなに苦手だったとしても
嫌でも顔を合わせないといけない。

顔を見るだけでも、ムカムカするような
人であっても我慢して
付き合わないといけない。

生活をしていくために、
自分を押し殺さないといけないことです。

ただ、毎日のことなので、そのストレスは
ものすごいものだと思います。

そんなストレスを抱えたまま
幸せに過ごすことはできないと思います。

でも、このメソッドを知ると、
その人が常識的に非道徳で、
どんなに嫌いな人であっても

あなたがその気になれば、
その苦手な人との関係をよくすることが
できるようになれるのです。

つまり、
あなたはストレスがゼロになります。

あなたは心穏やかに毎日を
過ごせるようになるのです。

…。

まず、覚えてほしいのですが

相手と現実の同意を
ゴールにしてはいけない。

と覚えてください。

例えば、相手と
好きな食べ物の話をしたとします。

相手「私はラーメンが好きだな~」

自分「あ、俺もラーメン好き。
何系のラーメンが好き?」

相手「やっぱり醤油かな」

自分「あ~。わかるやっぱり醤油だよね」

多くの人は、会話の中で
こんな風に同意していくと思います。

相手と意見が一致するように
会話を進めていくと思います。

もちろん、人間は自分の意見に
同意してくれるとうれしいです。

自分の意見を否定をされると
嫌な気分になります。

なので、
もちろん同意はしてもいいです。

ただ、苦手な人とうまく付き合うためには
同意をゴールにしていてはだめなのです。

なぜなら、あなたが苦手だと思う人は、
意見の同意ができないから
嫌いになっている。

そもそも、同意できる部分が
ほとんどないから、苦手な人を
苦手だと思っているのです。

「なにかコイツとは合わないな~」

と感じているのです。

そもそも、同意できない人と
同意をしようとしてること自体が
間違いなのです。

人間には「似たものを好きになる」
という心理があります。

相手に自分と似ている性格や資質が
あればあるほど、相手のことを好きになると
いうことがあります。

ただ、この心理がやっかいです。

似ている=好き
似ていない=嫌い

としてしまうと必ず合わない人が
現われてしまうのです。

現実が100%で合致する人なんて
存在しないのです。

みんながみんな自分の現実が正しいと
思いこんでいるからです。

この心理に従っていると、
苦手な人はいつまでも苦手なままです。

今いる苦手な人がいなくなっても
また、苦手な人と出会ってしまいます。

同意をゴールにしていると
必ず合わない人がでてきてしまうのです。

覚えてほしいのですが

相手との現実の違いを
確かめることをゴールにする。

このマインドセットを持って欲しいのです。

「あ~。そういう考えもあるんだな~」

人と会話をするときに、こういうスタンスで
会話をしていくようにしてほしいのです。

たとえば

自分「何系のラーメンが好き?」

相手「トンコツかな~」

あなたはラーメンは絶対に醤油しか
ありえないと思っているとします。

トンコツラーメンはないと思っている。

でも、ここで思い出すんです。

相手との現実の違いを
確かめることをゴールにする。

そうすれば、

「あ、そうかそうか現実は違って
当たり前、当たり前」

と、冷静になれる。

意見が違っても、それほど相手のことが
嫌にならないのです。

それどころか、意見が違うことも
それはそれで興味が沸いてきて

自分「へ~。なんでトンコツが好きなの?」

相手「あの、濃厚さがいいんだよね~」

自分「なるほどね。そう言われると
トンコツも食ってみたくなるね~」

相手「でしょ~」

と現実が違う人とでもうまく
やっていけるようになります。

はじめから、同意することをゴールに設定
しなければ、現実が違っても
ストレスにはならないんです。

「みんなそれぞれの現実があって
それをみんな正しいと思いこんでいるんだ」

そう思っていれば、
苦手な人はいなくなります。

相手との現実の違いを
確かめることをゴールにする。

覚えておいてください。

相手を変えることは難しいです。

でも、自分を変えることは可能です。

自分の心の持ちようで、苦手な人が
いなくなり、あなたが幸せに暮らせるのなら?

試してみる価値は十分あると思います。

そのためのマインドセットなので
是非覚えてほしいと思います。

では、

相手との現実の違いを
確かめることをゴールにする。

このマインドセットを持ちながら
以下のステップを試してみてください。

ステップ1 あなたの身のまわりの人に
恋愛話を聞いていく。

「どんな異性がタイプなのか?」

「どんな異性が嫌いなのか?」

「異性と付き合ったら
どんな事がしたいのか?」

恋愛に関しての、願望や悩みなどを
聞いてみてください。

ステップ2 「他には?他には?」
とひたすら聞いていく。

ステップ3 これを最低3人に行う。

実際にやってみるとわかるのですが、
みんな色んな現実を持っています。

あなたの現実も
それは自分がそうだと思いこんでいる
だけだとわかります。

あなたにとって、とてもおもしろい発見が
たくさんあると思いますので
必ず試してみてください。

それでは、また。

--------------------------------

今すぐ解決したい悩みがあったら

kita0770@gmail.com までメールしてください。

あなたと一緒に解決したいと思います。

●発行責任者:木多崇将
●問い合わせ:kita0770@gmail.com

| コミュニケーション | 15:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kita0770.blog108.fc2.com/tb.php/18-34a1cc1b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。