自動的に話題が見つかり会話が続くようになる方法

いくら考えても話題やネタが見つからない。 いつも会話が途切れて、広がらなくて、会話が続かない会話が苦手なあなたへ。 話し方が上手になる奥義を教えます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

つまらない人からの脱出法

こんにちは、
会話コンサルタントの木多崇将です。

今日は以下の質問に
お答えしようと思います。

----------------------------------

文章の構成が下手くそでいつもオチのない
つまらない話ばかりしてしまいます。

自信をもって話をすることができません。

----------------------------------

あなたはおもしろい話をしたいと思いますか?

当然ですが
つまらない話はしたくないと思います。

これから、自信を持っておもしろい話が
できるようになる秘訣について話をしようと
思います。

…。

まず、あなたに知っておいて欲しいこと。

それは

【別につまらない話をしてもいい】

ということです。

もちろんおもしろい話に
なるように話をするべきです。

しかし、いきなり芸人さんのように
100発100中で笑いを取るのは難しいし
練習が必要です。

「絶対におもしろい話をしなきゃ…」

多くの人はこう思いすぎるがあまり
話そのものを躊躇してしまう傾向があります。

私も同じだったので偉そうに言える
立場ではないのですが…

自分でハードルをあげて

「つまならないと思われるんじゃ…」

と、心のブレーキがかかってしまうくらいなら
いっそのこと、おもしろい話なんてしようと
思わないでほしいのです。

ただ…

「え~。木多さん。それは嫌です。
つまらないと思われたくありません!」

あなたはこう思うかもしれません。

しかしなぜ、私がここまで言うのかというと
おもしろいとか、つまらないとかよりも
もっと大切なポイントがあるからです。

そのポイントを押さえておけば

「この人の話はつまらない…」

と思われることを避けるのは
とても簡単にできるからです。

…。

で、そのポイントというのが

【つまらない話を
しているという自覚】

です。

つまらない話をした時に、
つまらない話だと自覚していれば
最悪の状況は回避できるのです。

つまらないと自覚していない人と
いうのはどんな人でしょうか?

代表的なのは、
親父ギャグを連発する人です。

聞いている人は本当にウンザリします。

でも、
親父ギャグだって言ってもいいのです。

「トイレにいっといれ!」

なんて、ダジャレを私はたまに言います。

でも、そこで注意しておかないと
いけないことはつまらないと
自覚しているかどうか?

そして、相手に自覚しているよと
いうことが伝わっているか?
どうかなのです。

「トイレに行ってくるわ~」

「いっといれ!」

「…」

となったらすかさず

「なんやねん!たまにダジャレ
言いたくなるやん!(笑)」



【私はちゃんとつまらないと
自覚していますよ】

というフォローを自分で
入れればいいのです。

どんなにつまらない話をしたって、

「どうでしょ?つまらない話でしょ?」

というフォローの一言を入れることで
笑いを起こすことは簡単に可能なのです。

例えば、最近私がしたおもしろくない話
を紹介します。

おもしろい話ではなく、
”超つまらない話”です。

こんな話です。

「昨日さ~。
カラスと猫がけんかしててん」

「へ~」

「で、俺、30分くらいどっちが
勝つのかな~ってずっと見ててん」

「ふんふん」

「どっちが勝ったと思う?」

「う~ん。どっちが勝ったの?」

「カラスが勝ったねん!」

「へ~…」

どうですか?おもしろくないですよね?

当然、話をした相手も
笑ってくれませんでした。

そこで私はすかさず言いました。

「ただ、それだけの話やけどね(笑)」

と、最後に
自分でフォローを入れたのです。

そこで、相手は笑ってくれました。

…。

この3ステップを覚えてください。

1、あからじめつまらない話になるだろうな
ということを予測しておく

2、相手が笑ってくれなかったら
「つまらない話だと自覚しているよ」
というフォローの一言を用意しておく。

3、相手がつまらないと思っていたら
すかさずフォローの一言を言う。

…。

これを覚えておけば、
最悪の状況は確実に
回避できるようになります。

これを覚えて心にブレーキをかけずに
ドンドン話をしていきますよね?

失敗を恐れずに、
ドンドン話をしていきますよね?

そうするとラッキーパンチでおもしろい
話ができることがあります。

自分の話で相手が笑ってくれると
いうのは本当に快感です。

その快感を経験することで、
本当の自信がついてきます。

成功体験を積むことで
真の自信がついてきます。

フォローしなくても、おもしろい話が
できるようになっていると思います。

【別につまらない話をしてもいい】

です。

フォローに一言を用意しておいて、
ドンドン話すことにチャレンジして
ほしいと思います。

それでは、また。


今すぐ解決したい悩みがあったら

kita0770@gmail.com までメールしてください。

あなたと一緒に解決したいと思います。

●発行責任者:木多崇将
●問い合わせ:kita0770@gmail.com

| 会話術 | 16:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kita0770.blog108.fc2.com/tb.php/24-f1b2bb4f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。