自動的に話題が見つかり会話が続くようになる方法

いくら考えても話題やネタが見つからない。 いつも会話が途切れて、広がらなくて、会話が続かない会話が苦手なあなたへ。 話し方が上手になる奥義を教えます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新発見!話題がなくならない秘訣!

話題がなくなる。

以前、多い悩みです。

話すにつれて話題がなくなっていくと皆が言います。

しかし、私の場合は
話題がありすぎて困るという感じです。

話す事がありすぎて、
どれをチョイスしようか迷う事すらあります。

なんでかな?と考えました。

すると、私が無意識で使っている
「ある話題」がある事に気づきました。

もちろん、「ある話題」はあなたに教えています。

しかし、口酸っぱく言っていません。

口酸っぱく言ってないから、
みんな意識して使っていない。

使っていないから、
話題がなくなっていたことがわかりました。

今日は

『人間が一番興味がある話題』

という話をします。

この話題を使えば、あなたは
話題がありすぎて困るという状態になってしまいます。


■人間が一番興味がある話題とは?■


さて、いきなりですがあなたは占いを信じますか?

まあ、信じる信じないはどっちでもいいのですが、
世の中には本当にたくさんの占いがあります。

また、毎年のように新しい占いが生まれて、
それがブームになったりします。

一昔前の動物占いだったり、
細木和子の六星占術などです。

なぜ、これほどまでに
みんな(特に女性は)占いに興味を持っているのか?

それは、

【人間は自分に一番興味があるから】

です。

人間はかなり自分に興味があって、
自分の事をもっと知りたいと思っています。

しかし、案外自分の事はよくわからないもの。

そのよくわからない自分を、占いで知る事ができるので
みんなが興味を持っているのだと思います。

だから、あなたが人との会話を盛り上げたいのであれば
「占いの話題」をするのが1つの手であると思います。

信じる信じないは置いといて、
占いの話題は積極的にした方が
会話は盛り上がりやすいです。

実際、私も昔はよく、動物占いとか、
右左脳占いなんかをよくしていました。

特に、女性はすごく楽しんでくれます。

ただ、今日の話において私はあなたに
この本質的な部分を覚えて欲しいと思っています。

その本質的な部分とは?

人間は自分に一番興味がある。

ゆえに、相手のイメージだったり、
相手がどんな印象を人から持たれるのか?
についてを話題にすることで相手は話に食いついてくる

という事です。

私は上記の事が完全に体にしみ込んでいます。

染み込んでいるからからこそ、
話題に困る事がないのです。

「○○ちゃんって親分肌なところがあるよね?」

「○○って情熱をうちに秘めてそうなタイプだよね?」

「○○って、最初真面目な人かと思ったけど
おもしろい所あるよね?」

こういう話をすれば、人は全然飽きません。

みんなノリノリで、話しに食いついてきます。

もちろん、話の間に自分も相手からどのような
イメージで見られているのか?
どんな印象を持たれているのか?
を知る事ができます。

当然、自分もめちゃめちゃ会話が楽しい。

当然会話は盛り上がる。

話題がなくなるなど、考えられないという事です。

さらに1つ付け加えておくと、この話題をしていれば
お互いの情報がたくさん交換できます。

お互いが、どのような考えを持ち、どんな価値感があり
何が好きで何が嫌いか?何に怒り、何に喜ぶのかを
理解できるようになります。

理解できるから、

相手が男だったら、友達になれる。

相手が女だったら、恋人になれる。

というわけです。

やらない手はないというわけです。


■ドッペルリーディングとは?■


やり方も特別難しくありません。

流れなんて考えないでいいです。

「そう言えば、○○って○○な所あるよね?」

と、いきなり切り出してオッケーです。

このように、相手の印象や
イメージについて質問してみる事です。

もちろん、悪いイメージを言ってはいけません。

良いイメージになる話題に
すれば、相手はビックリするほど食いついてくる。

ただ、これではあまりにも芸がないので、
興味深いテクニックを1つ紹介しておきます。

「ドッペルリーディング」

というテクニックです。

ドッペルゲンガーという言葉を
知っている人は多いと思います。

ドッペルゲンガーとは、
簡単に言うと「もう1人の自身」に会ってしまう
一種の心霊現象ですがこれを応用します。

やり方ははすごく簡単です。

過去を振り返って相手と似ている人物を想像します。

例えば、20代中盤で、いつも明るくて元気、
黒髪で清楚な感じの女性だったAさんがいるとします。

あなたの過去に出会った人で、
Aさんと似ているという人がたいていいるはずです。

その人を想像します。

仮にBさんとします。

基本的に、外見が似ている人は、
内面も似ている場合が多いです。

だから、Bさんを想像しながら、
Aさんに質問をするのです。

Bさんが天然っぽいところがあったとしたら、

「結構おっちょこちょいな所ありませんか?」

とか。

Bさんが寂しがり屋なところがあったとしたら

「さみしがりなところありませんか?」

と言う風に聞くのです。

繰り返しますが、
外見が似ている人は内面も似ている事が多いです。

だから、

「なんでわかるの?そうなの!」

という展開になり、会話が盛り上がりやすくなります。

しかも、言っている事が
バシバシと当たってしまいます。

占いを当てたように、
相手からすごいを思われることもできます。

ドッペルリーディング、
とても興味深いテクニックですので
ぜひ使ってみてください。

ただ、あなたに覚えて欲しい
大切な本質は何だと言いましたか?

そうです。

【人間は自分に一番興味がある】

です。

ぜひ、この概念が脳髄に染み込むまで、
繰り返し自分に言い聞かせて欲しいと思います。

話題が尽きるなんて、考えられなくなります。

--------------------------------------------------

●発行責任者:木多崇将
●問い合わせ:kita0770@gmail.com

| 会話術 | 12:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kita0770.blog108.fc2.com/tb.php/45-11badf32

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。