自動的に話題が見つかり会話が続くようになる方法

いくら考えても話題やネタが見つからない。 いつも会話が途切れて、広がらなくて、会話が続かない会話が苦手なあなたへ。 話し方が上手になる奥義を教えます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

周りが優秀で自分に自信が持てない・・・

こんにちは、会話コンサルタントの木多崇将です。

今日は以下の質問にお答えしたいと思う。

--------------------------------------------------

自分はゼミに入っています。

最初ゼミが始まったころは、自分も他の人たちに話しかけたり
飲み会の席で話し合ったりできてたんですが、
最近本格的にゼミが行われるようになり、
ディスカッションを頻繁にするようになりました。

そしてそのディスカッションの時いつも自分だけ意見がいえなくて、
自分だけ一人取り残されて感じになって
ゼミが終わるようになっていきました。

自分はもともと意見をほとんど言ってこない人生を送ってきたのと
高校をいってない事などの勉強に対する知識が乏しいので、
客観的に見ても自分の考えていることが
低レベルでなかなか自分の意見が言えません。

ゼミは一番力がつくだろうと思って、
一番優秀なゼミを選びました。

ですがやはりみんな優秀なのでみんなが
しっかりとした意見をいうので、
余計に自分の意見が言いにくいです。

ゼミのほとんどはディスカッションでできているので、
ここで発言をせずに、
合間の休憩だけしゃべるというのも非常にしづらいです。

ディスカッションに参加しないということは、
あなたたちとしゃべりたくないですよ
みたいな感じに結論的になっています。

自分はこのゼミ以外でも同じように授業のディスカションや
サークルのミーティングでも自分の意見が言えずに、
自分だけなんか取り残された感じになって、
一人ぽつんとなることが多々ありました。

自分が意見を言うことが解決方法だというのは分かっていますが
みんながしっかり発言をしてる中で自分だけ
こんな低レベルな発言をしていいのだろうか、
と考えると発言しようと思っても恐怖で
なかなか発言をすることができません。

周りが優秀なので、自分の意見に全然自信がもてません。

そんな事いわなくてもあたりまえだろと思われるのが怖いです。

どうしたら自分の意見に自信を
持って発言をすることができるでしょうか?

今思えばこれはどこにいっても
いつも抱えている問題なので解決をしたいです。

よろしくお願いします。

--------------------------------------------------

彼の質問を簡潔にまとめるとするなら

「周りとの学習レベルが違いすぎて劣等感を感じてしまいます。
これはどのようにして解決すればいいですか?」

ということになるわけだが、今日はこれから
この問題を解決する方法を話していきたいと思う。

・・・・・・

さて、周り人との能力の差を感じている人は多いと思う。

特に学生の方は、勉強ができる人と自分を比べたとき、
学習レベルの差を感じて落胆することが多いのではないだろうか。

「なぜ、あいつはあんなに頭がいいんだ?
俺もそれなにりに勉強しているのに
レベルが違いすぎる・・・。
やっぱり俺には才能がないのか・・・?」

このような劣等感を感じてしまうことがないだろうか?

安心して欲しい。

これからする話を知っておけば、
あなたは今後、というか、読み終わった直後から
周りの人と学習レベルが開いていてもまったく気にならなくなる。

私はこの方法というか、正確にいえば「概念」を知ったおかげで、
周りとの学習レベルの差がまったく気ならなくなった。

そして、そのおかげで、無駄な競争心がなくなり
リラックスして、心穏やかに暮らせるようになった。

ぜひとも、あなたにも
知っておいて欲しい「概念」なので話をしておいきたいと思う。

・・・・・

まず、あなたは、学習の効果は
どのようにしてあらわれると考えているだろうか?

おそらくほとんどの人は、
1、2、3、4、5、・・・・・と1つずつ積み重ねて
いくものだと考えているのではないだろうか?

たとえば、目標の学習レベルが仮に1000だとしたら、
1、2、3、4、5・・・・・と少しずつ積み重ねることによって
1000まで到達する。

いわゆる、単純な比例で
伸びていくと考えているのではないだろうか?

しかし、これは違うのだ。

学習の効果というものは、


【累乗】


で伸びていくのだ。

2、4、8、12、32、64、128、256、512、1024・・・・

このような感じで伸びていくのだ。

※累乗とは、同じ数を次々と掛け合わせること。

簡単な図で表すと以下の感じとなる。

→ http://www.1attractive.com/setumei/a.html

なぜ、累乗で伸びていくのか?というのは、
「物事のつながり」などの理由からだが、
ここでは説明は省いておく。

ここで、大切なのは、学習の効果と
いうものは累乗で伸びていくという概念そのもの。

つまり、

【学習の初期段階においては、恐ろしいほど効果が小さい】

という点だ。

たとえば、目標の数値を1000に設定したとしよう。

まず、勉強をはじめて2になった。

そこからまたがんばって勉強をして4になった。

そこから、また必死になって勉強して、8になって、
12になって、32までになったとしよう。

しかし、ここで多くの人は思う。

「これだけがんばったのに、思ったほどの効果がでない・・・」

と。

当然だろう、0の段階から32になるまで

「0、2、4、8、12、32」

5段階もあげたのに、その上昇具合は微々たるものだからだ。

さらには、周りには
学習レベル512の人や1024の優秀な人たちがいるのだ。

たとえば32の段階でそれらの人と比べたら、
途方もない差を感じてしまうだろう。

そして、自信を喪失して、
挫折し勉強そのものをやめてしまう人も多いだろう。

しかし、これは非常にもったいない。

学習の効果は累乗であらわれるからだ。

32の段階でさらに辛抱をしてがんばる。

そこから、32、64、128、256。

少なくともこのくらいまではがんばる。

128、256くらいまでくれば、
確実に学習の効果を感じることができる。

仮に1024の人と比べても、

「お、もっとがんばれば追いつけるかもしれない!」

という感覚を持てるようになるのだ。

実際、256の次は512、
その次は1024だから、その差は実は微々たるものなのだ。

・・・・・・

この学習の効果が累乗で伸びていくというのは、
意外と知っている人は少ないと思う。

そして、この概念を知らないがために、
無駄な劣等感を感じてしまっている人が多いと思う。

仮にすごい勉強できる人、1024の人がいても、
その人は別に天才ではないのだ。

その人はただ、学習を積み重ねた結果、
ある段階から学習の効果が
飛躍的に伸びて1024に到達したにすぎないのだ。

だから、あなたも、ただ単純に学習を積み重ねていけば、
必然的にあなたも1024に到達してしまうのだ。

だから、別にすごい頭がいい人がいても、
まったく気にする必要はない。

劣等感を感じる必要もないし、無理に自信を持つ必要もない。

あなたのするべきことはただ1つ。

【コツコツと毎日勉強を続けること】

これのみだ。

あなたは、周りの人との学習レベルの
差を感じてしまうのであればその解決法はただ1つ。

毎日最低でも、
1時間~2時間の勉強をコツコツと律儀に続けること。

ただ、勉強を続けることが、唯一の解決策だ。

なぜなら、学習の効果は累乗で伸びていくから。

学習の初期の段階では、誰しもが

「やってもやっても効果が出ない・・・」

と感じるものであり、
周りの人と比べて劣等感を感じるのは当たり前なのだ。

下の方にいれば、上の人を見て、
途方もなく感じることは必然なのだ。

しかし、それは能力の差ではなく、
学習の効果が累乗で伸びていくからにすぎない。

だから、そんなことは気にせずに、
淡々を勉強を続ければいいだけなのだ。

・・・・・・

学習の効果は累乗で伸びていく
= 学習の初期段階は、効果が現われにくい。

私はこの概念を知ってから、肩の力が抜けたように思う。

やるべきことが「毎日コツコツと勉強すればいい」
だけだとわかったので、
無駄なことを考える必要がなくなったからだ。

「今は全然わからないことだらけだけど、どっかの段階で必ず
128、256、512、1024と伸びる時期が必ずくる」

と考えられるようになったから、
行き詰まっても全然苦しまなくてすむようになった。

本当に、リラックスして毎日を過ごせている。

・・・・

あなたも、周りの人との学習能力の差を感じているのなら
まずは1日10分からでいいので、勉強をはじめて欲しいと思う。

最初から無理する必要はどこにもない。

大切なことは毎日のコツコツとした継続だ。

少ない時間でいいので、毎日コツコツと勉強を続けて欲しい。

ちなみに、学習の効果を感じられるのは

【最低でも3ヶ月はかかる】

と言われている。

最低でも3ヶ月は続けてみて欲しい。

それでは、また。


--------------------------------------------------

●発行責任者:木多崇将
●問い合わせ:kita0770@gmail.com

| 自己啓発 | 16:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kita0770.blog108.fc2.com/tb.php/59-604c2639

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。