自動的に話題が見つかり会話が続くようになる方法

いくら考えても話題やネタが見つからない。 いつも会話が途切れて、広がらなくて、会話が続かない会話が苦手なあなたへ。 話し方が上手になる奥義を教えます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

口下手なままで会話の中心人物になる方法

こんにちは、会話コンサルタントの木多崇将です。

今日は


【口下手なままで会話の中心人物になる方法】


という話をしたいと思います。

タイトルを見て、
疑いを感じるかもしれませんが、これはマジです。

マジで、口下手なままで、
会話の中心人物になれる画期的な方法です。

たとえ、あなたがまったく面白いことが言えなくても
会話の中心人物になれ、飲み会などで、
周りの人と楽しい時間を過ごせるようになります。

で、その手法とはズバリ


【Shake the talk】


という技法です。

これはマジですごいです。

ぜひ、覚えて使ってください。

・・・・・・・

さて、【Shake the talk】はどんな技法なのかを話す前に、
普段、多くの人は複数の会話の場で、
どのようなことを考えながら会話しているのでしょうか?

過去、私の場合は、飲み会の場などでは

「みんなの話についていかなくちゃ・・・」

「孤立しないように、なんとか会話に入らなきゃ・・・」

こういうこと最優先に考えていました。

そして、他の人から質問などされたら

「面白い返しをしなきゃ・・・・」

と考えていました。

が、なかなかうまい返しをできず、へこんだりしていました。

で、結局、時間がたつにつれて口数が減っていき、
最後はいてもいなくてもいい空気のようの存在になって、
飲み会が終わっていくことがほとんどでした。

そして、その夜、

「あそこでもっとこういう風に言っていれば・・・」

「てか、俺は生きている価値がないんじゃないか?」

一人悶々と考え、悲しい気持ちになって、
なかなか寝付けないことがよくありました。

・・・・・・

あなたはどうですか?

もし、あなたが
過去の私のようになっているのであれば、これからお話する


【Shake the talk】


を使ってみてください。

【Shake the talk】とは、
簡単にというか、直訳すると、話を振るということです。

そうです。


【話を振りさえすれば、
あなたは会話の中心人物に簡単になれるのです】



例えば、合コンの場で。

恋愛話は女性が大好きでとても盛り上がる話題であることは
私が口酸っぱく言っているので知っている人が大半だと思います。

だから、女性陣に向かって、こんなことを言えばいいのです。

「好きな男性のタイプは?」

恋愛話が大好きな女性は99%食いついてきます。

食いついてきたら、
あなたはさらにドンドン聞いていけばいいのです。

「A子ちゃんの好きなタイプは?」

「B子ちゃんの好きなタイプは?」

こうやって聞きながら、

「へ~意外。」

「え?なんで○○な人がタイプなん?」

リアクションを取りながら、話を聞きながら、
その場を仕切っていけばいいのです。

その時あなたはどこにいますか?

そうです。

会話の中心にいます。

このように会話を振りさえすれば、
いとも簡単に会話の中心になれるのです。

もう一つ例を。

これも繰り返し言っていることですが、
人間は何に一番興味あるでしょうか?

そう、自分自身です。

だから、会社の飲み会などで、
あまりしゃべっていないような人がいたら、
こんな風に話を振ればいいのです。

「佐藤さんってクールだよね?
泣いたりするところイメージできない。泣いたりすることある?」

自分に興味がない人はいません。

普段無口なような人でも、
こういう話を振ればほぼ食いついてきます。

「泣くよ。この前も映画見て泣いたもん!」

佐藤さんは熱っぽく語り出します。

みんなはそれを聞いています。

そして、
あなたは佐藤さんに質問しながら、その場を仕切っています。

その時、あなたは会話の中心にいます。

で、ここで気づいて欲しいのは、自分は話を振っているだけで、
自分の話を一切していないことです。

つまり、どんな口下手人であっても、
【Shake the talk】を使用することが可能なのです。

面白いことなど一切言えないでも、
ただ質問をしているだけで、
会話の中心にいることができるのです。

画期的な方法だと思いませんか?

・・・・・・

では、もう一つくらい例を。

劣勢な場面を想定してみましょう。

例えば、男1人、女2人であなたが男性として、しかも、
その女性2人がとても仲がよいというシュチュエーション。

この場合女性のパワーにおされて、
会話に参加するのは非常に難しいです。

たいてい、女性2人だけがしゃべって、
会話に参加できないことが大半です。

しかし、これは2人の会話の中に
入ろうとするから入れないんです。

違うのです。

【Shake the talk】 → 話を振るのです。

こんな話を振ればいいのです。

「2人すごく仲いいな~。
てか、AちゃんってBちゃんから見てどんな人?」

Aちゃんはすごく気になって答えを知りたがります。

こうなったらしめたもの。

あとは、その答えを聞きながら、リアクションを取りながら
話をどんどん掘り下げていき、

「じゃあ、逆にBちゃんってAちゃんから見てどんな人?」

「Aちゃんの好きなところは?」

「密かに直して欲しいと思っているところなんかないの?」

と言う風に、
二人の関係性についてより深く深く聞いていけばいいのです。

【Shake the talk】を使えば、
劣勢になりがちな男1、女2の状況でも
自然に会話に溶け込むことができるのです。

・・・・・・

どうですか?

【Shake the talk】の発想は
あなたの頭になかったのではないでしょうか?

ぜひ試してみてください。

本当に簡単に
あなた中心の会話を簡単に展開することが可能です。

また、【Shake the talk】には大きなメリットもあります。

【Shake the talk】を使用していると、
あなたがどれだけ口下手だと自覚していても
だんだんあなたも話をしたくなってしまいます。

だって、人の話を聞いてばかりになるんですから。

「俺にもしゃべらせろ!」

という気持ちがフツフツと沸いてきます。

そして、気づいたら自分の話もしているでしょう。

それも、ごくごく自然に・・・。

(実は私はこのステップを経て会話がうまくなったと今思います。)

あなたもぜひ試してみてください。

要するに【Shake the talk】とは簡単に言えば、


【人間が誰しも興味がある恋愛話とか人間性に関する話題を
振れば自分の話などしなくても、会話の中心人物になれますよ】


という手法です。


【Shake the talk】で
人の輪の中に自然と溶けこめるようになる人が
一人でも増えることを願ってやみません。

それでは、また。


PS

「人に話を振ったら、逆に聞き返されて
自分の話をしなければいけないんじゃ?」

と不安に思う人がいるかもしれません。

もちろん、聞き返される場合はあります。

聞き返された場合は、
簡単に答えて、また質問すればいいです。

が、実際あまり聞き返されません。

「ちょっとは俺のことも聞いてくれよ・・・」

と寂しくなるくらい聞かれないのです。

これもおそらく世の中のみんなは


【自分に一番興味がある】


ことの現れかと思います。

--------------------------------------------------

●発行責任者:木多崇将
●問い合わせ:kita0770@gmail.com

| 会話術 | 15:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kita0770.blog108.fc2.com/tb.php/81-05d25a57

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。