自動的に話題が見つかり会話が続くようになる方法

いくら考えても話題やネタが見つからない。 いつも会話が途切れて、広がらなくて、会話が続かない会話が苦手なあなたへ。 話し方が上手になる奥義を教えます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

友達とバッタリ出会った時や、 すれ違いざまに何を話せばいいのか?

こんにちは、会話コンサルタントの木多崇将です。

今日は以下の質問にお答えします。

------------------------------------------------------------

友達と廊下ですれ違ったりお店でバッタリ合ったりしたら
相手になんて喋ればいいか分からず、
目をそらして知らんぷりをします

たまにやっと思い付いた事をいっても無視される、
又は気まずい感じになってしまいます

それで一時的な友情関係になってしまうことがよくあります

ですがその日の出来事やその人について考えて、
必死で話題を出そうとするのですが思い付きません

相手の弱点もつくのもやったのですが
相手もしつこく感じてしまうしネタ切れしてしまいました

なにかすれ違ったらパッと喋れる方法はありますか?

------------------------------------------------------------

では、


【友達とバッタリ出会った時や、
すれ違いざまに何を話せばいいのか?】



この解決方法について話をしていきたいと思います。

この方法を知っておけば、瞬時に話しかける話題を
見つけることができ、話しかけることが可能となります。

つまり、変な形で人と疎遠になることもなくなります。

人とバッタリ出会ったとき、すれ違い様に
話しかけることが苦手な人はぜひ覚えて使ってください。

それでは、はじめます。

・・・・・・

どうすれば人とバッタリ出会ったとき、
人とすれ違い様に自然に話しかけることができるようになるのか?

今日はズバリ結論から言ってしまいましょう。

そのコツは簡単で、
おそらくあなたもすでに耳にしたことがあるはずだからです。

そのコツとは

・・・・・

・・・・・

・・・・・


【共通する話題で話しかけること】


です。

例えば、相手が同じ学校であれば、共通点はうなるほどあります。

共通のイベントがたくさんあるからです。

入学式、春休み、夏休み、文化祭、運動会、修学旅行などなど。

こういった共通のイベントに
関する話題で話しかければいいのです。

「そういえば、もうすぐ運動会だよね~?」

「てか、もうすぐ、夏休みだよね~?」

お互いに共通している話題なので、
自然に話しかけることが可能となります。

例えば、相手が同じ会社であれば、
共通する話題はうなるほどあります。

会社の飲み会、盆休み、ボーナス、社員旅行、正月休みなどなど。

こういった共通の話題で話しかければいいのです。

たとえば、トイレで同僚と横並びになったら

「てか、もうすぐボーナス時期だよな~?」

簡単に話しかけることができます。

共通点を探しさえするようにすれば、
誰とでも簡単に話しかけることが可能となります。

・・・・・

で、共通点だけでも十分話しかけることができるのですが
さらにもう一つのポイントを意識すれば、
ただ話しかけるだけではなく、
少しずつ人間関係を構築していくことも可能となります。

そのポイントとは

・・・・・

・・・・・

・・・・・


【共感】


です。

共感しあえるように会話を進めれば、
少しずつ相手と仲良くなっていくことが可能です。

たとえば、

「もうすぐ、春休みだよね~。
春休みって宿題ないから最高だよね~」

このように、「宿題がないことがうれしい」という部分に
共感しあえるような会話を展開していけばいいのです。

相手が同じように思っているのであれば、
そこで、共感しあえて、人間関係を深めていくことが可能です。

共感はとても重要です。

あまりにも当たり前すぎて、あえて私はクドクド言っていませんが
共感こそが最高の人間関係構築法です。

共感し合っている限り、人は争うことが不可能だからです。

だから、共感し合えるように会話を
進めることは非常に重要かつ効果的なのです。

すれ違い様に話しかける場合のみならず、
普段の会話でも共感は意識するようにしてください。

・・・・・・

少し話をまとめましょう。

人とバッタリ出会ったとき、人とのすれ違い様に
どんなことを話しかければいいのか?


【共通点を探して、共通する話題で話しかけ、
さらに共感しあえるように会話を進めればいいのです】



もっとも簡単なのは天気の話です。

暑い、寒い、雨、晴れは誰にでも共通するからです。

だから、とりあえず困ったら
天気の話などで話しかければいいのです。

友達と廊下ですれ違ったら?

「○○ちゃん、おはよう!いや~寒いよね~」

「おはよう!本当寒いよね~」

ごくごく自然に誰とでも会話ができます。

しかも、これだけでも微妙に共感を取り入れているので、
微妙に人間関係を構築することにも役立っているのです。

あと、ちょっと余談ですが、人とバッタリ出会ったときや
すれ違い様でうまく会話ができない人は、
おばちゃんやおばあちゃんと話してみてください。

長年、井戸端会議をしてきている
おばちゃんやおばあちゃんは、本当にこの辺の会話がうまいです。

例えば、一番すごかった人で天気オンリーの話で
誰とでも1時間以上の会話ができるおばあちゃんがいました。

本当にバリエーションが豊富で、
つられてついついしゃべり込んでしまうのです。

その中に共感などもうまく取り入れられていたりするのです。

具体例をあげて説明できないのですが、
おばちゃんやおばあちゃんの会話はとにかく参考になります。

人とバッタリ出会ったときや、すれ違い様の会話が
うまくできない人はおばちゃんとかおばあちゃんとかと話してみて
バリエーションをまねするといいかと思います。

それでは、また。


--------------------------------------------------

●発行責任者:木多崇将
●問い合わせ:kita0770@gmail.com

| 会話術 | 14:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kita0770.blog108.fc2.com/tb.php/83-44a9a067

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。