自動的に話題が見つかり会話が続くようになる方法

いくら考えても話題やネタが見つからない。 いつも会話が途切れて、広がらなくて、会話が続かない会話が苦手なあなたへ。 話し方が上手になる奥義を教えます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なぜ、会えば会うほど話すことがなくなっていくのか?

こんにちは、会話コンサルトの木多崇将です。

今日は、以下の質問に答えていきたいと思います。



私は初対面の人との会話は上手い方です。

しかし、深い付き合いになっていくと会話が続かなくなります。

話すことが無くなります。

これは、どうすればいいんでしょうか?




これと同じようなことで悩んでいる人は多いと思います。

私も同じように悩んでたんですけど、例えば、好きな女性とデートに行く。

一回目のデートの会話は、「趣味は何?」だとか、「何歳?」だとか、
「仕事何してるの?」とか、「血液型何型?」とか、
「休みの日は何してるの?」とか。

こういう世間一般で交わされているような会話のテンプレートみたいな、
話題の代表例みたいなのがあるのでそれらを話していけば会話は続けられる。

しかし、二回目、三回目と会えば会うほど話すことがなくなっていく。

趣味も聞いたし、血液型も聞いたし、仕事の事も聞いたから
段々、段々話すことが無くなっていく。

そして、嫌な沈黙が、気まずい沈黙が起こってしまう。

こんな風に、悩んでたんですね。

今日は今から、この解決方法について話していきます。

・・・・・・

ただ、少し考えてみて欲しいんですが、
これは非常に奇妙なことを言ってるんですね?


『会えば会うほど話すことが無くなっていく』


これは、客観的に考えればすごく奇妙じゃないでしょうか? 

通常、普通に考えれば、会えば会うほど仲良くなっていく。

だから、会話も続くようになるのが普通ですよね?

しかし、私達は会えば会うほど会話が続かなくなっていく。

話すことが無くなっていく。

それはなぜそうなるのか?

ということなんですけども、次の言葉を覚えてください。


『意識のズレ』


意識のズレです。

過去にメルマガとかで言ったことがあるんですけども、
人間っていうのは、それが良いにしろ悪いにしろ、
意識したものに向かっていってしまうという性質があるんですね。

良い悪いは関係ないです。

人間は意識したものに向かっていってしまうという性質を持っているんです。

例えば、あなたがもう顔も会わせたくない。

すごい嫌いな人が一人くらいいると思います。

そういう人に限って、なぜか頻繁に会ってしまいませんか?

「こいつに会いたくないなー」と思ってるやつに限ってバッタリと、
街中でも学校とか職場でも、なんか会ってしまいますよね?

これが意識したものに向かっていってしまうという性質なんです。

人間はこういう性質を持っているんです。

つまり、なぜ会えば会うほど話すことが無くなってしまうのかというと、


『間違ったものに意識を向けてしまっている』


から。

間違ったものに意識を向けているから、
単純に間違った方向へ進んでしまってうまくいかないんです。

だから、逆に、言えば正しいところに意識を向ければ
当然上手くいくっていうことなんですね。

私達が本来行くべき所に意識を向けさえすれば
後はもう自然に上手くなっていく。

会話が上手くいくようになるんです。

会えば会うほど話題がなくなっていくということにはならないんです。

じゃあ、具体的にどこへ意識を向ければいいのか?

それは、今日の話の結論になるんですけども、

・・・・・


『人間関係の構築』


です。

人と会話をするときは、

「よし、この人と人間関係を構築しよう」

「人間関係を築こう」

こういうところに意識を向けながら会話をすることが大事なんです。

多くの人は、過去の私も含め、この質問者の方も含め、
もしかしたら、あなたもそうかもしれない。

ただ、世間一般が、みんながやっているような会話を
なぞってるだけになってるんです。

初対面の人と出会ったら、「趣味はなんですか?」
と聞いたりとか「休みの日は何してるの?」とか、
「仕事は何してるの?」とか。

皆がやってるから、ただそれをなぞらえて同じようにしてる。

皆がやってるから私もやっている。

しかし、そういう人の意識っていうのは、
過去の私とかの意識っていうのは、どういうところに意識を向けていたか?

それは、単純に「会話を続かせたい」、
「沈黙が起こらないようにしたい」っていうところに意識を向けて、
会話をしてたんですね。

しかし、会話が上手くいかないのは、会話を続かせたいとか、
沈黙が起こらないようにしたいっていうところに
意識を向けていってるからなんですね。

「なんとか会話を続かせたい!なんとかして続かせたい!」

「沈黙が嫌だ!」

そういう意識で会話をしているから、上手くいかないんです。

もう少し、具体的に説明しましょう。

考えてみてください。

最初にあげた質問ですが、この質問をした方は
ある意味、意識してることは達成してるんですね?

>私は初対面の人との会話は上手い方です。

と言っているじゃないですか?

おそらく「会話を続かせたい」「沈黙を起こしたくない」という意識で会話して、
おそらく初対面の人との会話は続いているんだと思います。

初対面の人だったら沈黙起こっていないと思います。

だから、ある意味、意識してるところは達成してるんです。

でもですよ?

結局、人間関係を構築しようというところに意識が向いてないから
ただ、会話が続いているだけで親密感が増したり、心の距離が縮まっていない。

だから、段々、話すことが無くなっていってるっていう状態になっているんです。

少し話が逸れますが

『話すことが無い』というのは正確な表現じゃないんです。

なぜ話すことが無くなるかといったら、
相手と自分の関係性を考えて

「この話をしても相手は興味ないんじゃないだろうか?」

、「この話をしても相手は理解してくれないんじゃない、
共感してくれないんじゃないだろうか?」

相手との距離に応じて、

「あ~これは話せるな、話せないかな」

という判断をするから、話せないんです。

本当に人間関係が出来ている状態であれば、何でも話せる状態
頭に「ポンッ」と浮かんだことをそのまま喋れるので話題はなくならないんです。

「何も考えるな!」ということが不可能なのと同じように
話題というものは、人間関係が出来ていれば無くならないんです。

だから、私たちが意識しなければいけないのは

『人間関係を構築すること』

なんですね。

これに意識を向けて、焦点を合わせて常に会話をしないといけないんです。

「今、初対面の人と会話をしてるけど、
人間関係を作るために会話をしているんだ」

と、こういう意識で会話をする。

女性とデートに行っても、

「今、この会話をしてるのは人間関係を構築するためにしているんだ」

というところに意識を向けていく。

そうすれば後は自然に。

人間は意識したところに向かっていくので
自然に人間関係が構築できていくんです。

そして、人間関係ができさえすれば、話題に困ることはなくなるのです。

わかりますか?

ただ、これを言うと

「じゃあどうすれば、具体的に人間関係が作れるのか?」

っていう話になると思うんですけど、
これは、教材の中とかで色々お話してますので、
すでに参加してる人は、購入してる人は復習してもらって。

本当に会話が上手くなりたいという気持ちが
ある人はぜひ教材に参加してほしいと思います。

→ 人に好かれる会話術

本当に大事なんです。

人間関係を構築することは。

多くの人は、単に

「会話を続けたい」

「沈黙が起こらないようにしたい」

多くの人はところに意識を向けてるから、
結局、会えば会うほど話すことが無くなっていくっていう状態に
なっているだけなんです。

その技術とか才能とか能力の問題じゃない。

単に意識だけの問題なので、
今日からできることなので、是非、やってほしいと思います。

ありがとうございました。


| 会話術 | 14:33 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なるほどねー
参考になりました。

| シロ | 2014/03/02 01:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kita0770.blog108.fc2.com/tb.php/89-e2ea4b33

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。